大井川鐵道で出番を待つスハフ14形550番代(スハフ14 557)

スハフ14 557スハフ14 557 2017年12月16日 新金谷駅

10日から冬の青春18きっぷが使えるようになりました。実はその10日にも甲州方面へ行きましたが、1日中晴天でしたのでロケハンのみ。一眼レフカメラのシャッターを切ることなく終わりました。11月の北海道遠征以来何も撮っていないのでウズウズしていたところ、土曜日に曇り予報が出たので当初は群馬方面に行こうと計画を立てたところ、予報が晴れ傾向に変わって来たため、静岡県方面に目的地を変える事にしました。

前日の金曜日、大井川鐵道のツイッターを見ると、14日のE31形電気機関車の重連試運転のツイートが投稿されていて、写真を見ると、チラリと14系客車が新金谷駅のホーム横に留置されているのがわかりました。よく写真で見かける引込線ですと形式写真は撮れませんが、ホーム横ならいけそう。手前にいるトーマス仕様の旧形客車は日中蒸気機関車に牽引されていなくなるだろう、と2日間で留置状況も変わるかもしれないのに、勝手に予想して出撃を決行。

現地に着いてみると、予想どおりというか、願いどおり14系客車4両はホーム横にいてくれました。スハフ14 502のお顔が拝めなかったのが残念でしたが、雲待ちして撮影。天気予報どおりに曇るまでにかなりの時間を要したため、午後から予定していたJRの撮影ができませんでしたが、本線での運行開始間もないE31形機関車もバッチリ撮れましたので、久々に満足いく1日となりました。

写真はかつてJR北海道で急行「はまなす」に使われていたスハフ14 557です。スハフ14形550番代は、14系座席車を北海道へ転用するにあたり、発電機関を持つスハフ14形が不足するため、オハフ15形を種車として改造されました。このスハフ14 557はオハフ15 38を種車としています。大井川鐵道には昨年やってきましたが、今の所まだ営業運転には使用されていません。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


コメント

コメントする