上信電鉄に譲渡された107系R13編成のクハ106-113

クハ106-113クハ106-113(高タカ) 2016年12月22日 横川駅

JR東日本高崎支社では、115系とともに107系(100番代)の置き換えが進められていますが、この度、107系100番代のR13・R14編成が上信電鉄に譲渡されました。
上信電鉄としては、お隣JRから輸送費もそれほどかけずに冷房付きの中古車を導入できたということになります。JR時代の107系はロングシート車ということもあって115系に比べて鉄道ファンの人気は今ひとつだったかもしれませんが、引き続き上州路を駆ける姿を見ることができるのは嬉しいですね。

写真はR13編成のクハ106-113です。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


コメント

コメント(2)

  1. Tatsuya on

    上信電鉄と言えば 自社車両が4本と 元西武車が4本ありますけど

    こんどは初めて JR107系を買ったんだ JR107がどのように変化していくのか楽しみだ

    返信

  2. kazuma on

    合計12両が譲渡されるそうですので、単純に考えれば上信電鉄の現有車のうち、昭和40年代までに製造された車両が置き換えられることになると思われます。

    返信

コメントする