10月14日ダイヤ改正で黒磯-新白河間に投入されるキハ110形

キハ110-101キハ110-101(仙コリ) 2017年8月20日 黒磯駅

JR東日本では10月14日にダイヤ改正を実施し、黒磯駅の信号・電力設備改良工事(直流化)に伴い、現在黒磯-郡山間で運転されている列車を、黒磯-新白河間、新白河ー郡山間に系統分離し、黒磯-新白河間にはE531系とともにキハ110系が使用されることが発表されました。

これに向けて8月上旬から郡山総合車両センターのキハ110形100番代を使用した試運転列車が設定され、黒磯駅に姿を見せるようになりました。写真は、本日試運転で黒磯駅に到着したキハ110形100番代のトップナンバー101です。(郡山方は102でした)
キハ110形100番代は、キハ100形0番代、キハ110形0番代量産先行車の使用実績を踏まえ、キハ110形0番代量産車と同様に1990(平成2)年度から製造されたグループで、こちらは車体長19.5m、両運転台、一般仕様車です。機関はDMF14HZA(420PS/2,000rpm)で、液体変速機は湿式多板クラッチ式のDW14A-B(変速1段・直結2段)に変更されています。車体はキハ110形0番代の量産車に準じていますが、客室内は一般仕様のため、扉付近はロングシート、固定式クロスシートは混雑時の通路幅を確保するため1+2列となっています。なお、キハ110形0番代量産車と異なり、パイプ式のスカートが廃止されました。まず1991(平成3)年2月にキハ110-101~104の4両が新潟鐵工所で製造されて郡山に配置。続いて1991(平成3)年度分として105~139が1991・92(平成3・4)年に富士重工、新潟鐵工所で製造されて、小海線、新津、常陸大子に配置されました。105以降はスカートの形状が101~104と異なっています。
というわけで、郡山の車両は初期車のため、試運転の乗客がいない状態で記録できればと思い、足を運んだところ、うまい具合に曇天の下、右にE721系がチラリと見える試運転時のカットを撮影できました。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


コメント

コメントする