荷物扉が閉鎖されている「はるか」のクハ281形(クハ281-8)

クハ281-8クハ281-8(近ヒネ) 2016年12月24日 野洲駅

12/24の関西遠征の成果からもう1枚紹介いたします。
野洲駅で撮影した関空特急「はるか」の制御車クハ281形ですが、以前も同じ場所で撮影したことがあります。
クハ281形には、京都シティエアターミナル (K-CAT) で搭乗手続を済ませた旅客が手荷物を預け入れられるよう、荷物室が設置されました。しかし、2002(平成14)年にK-CATが廃止されて、クハ281形の荷物室は使用停止となり、編成の向きは逆になっています。しかし、荷物室は存置されており、客室への改造などは行われていませんでした。2016(平成28)年1月に、荷物室扉の外板パネルが走行中に落下するという事故が発生。これを受けてのことであると思われますが、HA602編成を皮切りに荷物扉の閉鎖工事が行われています。
12/24はキヤ141系を撮りに行く前に、223系などとともにクハ281形の荷物扉閉鎖後の姿を収めようと計画。無事にゲットできたのがこちらのカットです。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


コメント

コメントする