3月改正で引退する烏山線のキハ40形1000番代

キハ40 1009キハ40 1009(宮ヤマ) 2016年12月4日 宝積寺駅

JRグループ各社から2017年3月4日のダイヤ改正の概要が発表されました。

新幹線の開業や寝台特急の廃止などを伴った近年の改正と比べれば、比較的地味なものであるように思います。
車両ファンの立場からコメントしますと、北海道地区では特急列車の系統分離などの再編と、「サロベツ」のキハ183系が廃車、「スーパー白鳥」に使用されていた789系0番代が「ライラック」として復帰するなど、比較的大きなものに…。
東日本では男鹿線の蓄電池車運転開始、磐越西線にE721系運用開始、烏山線全列車のACCUM化、新潟の485系3000番代運用離脱、九州では若松線の全列車819系化、キハ40系の観光列車がさらに登場といったところと、改正絡みでは時刻変更程度に留まったもののJR四国ではキクハ32-501が残ることと「伊予灘ものがたり」車両の便所増設などが話題でしょうか。

今回は烏山線全列車のACCUM化により引退するキハ40形1000番代(キハ40 1009)をアップします。
烏山線へは2014(平成26)年にEV-E301系の量産先行車が導入され、その時点で将来的には同線全列車を置き換えるといわれていましたが、今度の改正ですべて置き換わるとは思いませんでした。
この写真は、つい先日(12月4日)に宝積寺で撮影したものですが、この1009は1995(平成7)年に追加改造されたもので、冷房改造とワンマン改造を種車が既に施工済であったため、天井に冷房ダクトが通っている点、4位側の「乗降口」表示窓や、車外スピーカの位置が他車と異なる点などが特徴です。

烏山線のキハ40形1000番代は、これまでに8両全車撮影できましたが、最後の活躍の間に再び機会があれば撮影したいと思います。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


コメント

コメントする