大船工場で製造されたモハ205-513

モハ205-513モハ205-513(横コツ) 2016年11月24日 橋本駅

今日の関東地方は雪。東京で11月に初雪が観測されるのは54年ぶりとの事で、私にとって東京での11月の雪は初めての経験となりました。
昨日は北関東方面への出撃も考えたのですが、天気予報によれば南関東の方が曇り傾向でしたので、比較的近場で撮影してきました。その中の1両を紹介します。

相模線205系500番代の中間車、モハ205-513です。この車両は今はなき大船工場で製造されています。JR東日本では、民営化後に107系通勤形直流電車を各工場で製造しており、この時に大船工場も担当しましたが、これに続いて205系、209系、E217系の一部が同工場で製造されています。205系では500番代の横コツR12編成のモハユニットとR13編成の各車、そして0番代のうち横浜線で使用されたMM’230、T145の計9両が大船工場で製造されましたが、横浜線の3両は既に廃車となっているため、相模線の6両が現役です。外観上、東急車輛製と特に差異が見られる訳ではありませんので、面白味に欠けるかもしれませんが、昨日は橋本留置の編成がR13編成だとわかったので、「確かラストは大船工場製だったはず」との思いながらシャッターを切りました。

(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


コメント

コメントする