高タガの211系リニューアル車クモハ211-3052

クモハ211-3052クモハ211-3052 2016年9月24日 井野駅

23日が職場の設定休日で4連休になったので、夏に行けなかった遠征に出る準備をしていましたが、秋雨前線の影響で天気予報が読みにくく、見送りにしました。関東地方に居残ることになりましたが、折角の休みなのに、最初の2日は雨で全く動けず…。3日目になってようやく出撃してまいりました。

先週に続き群馬県の井野駅で撮影しましたが、メインターゲットにしていたE233系E-02編成の中間電動車よりも、こちらの方が話題性があるので、高崎車両センターの211系リニューアル車クモハ211-3052を貼ります。

さる8月22日より高崎車両センターの115系4両編成の運用の一部に211系3000番代のリニューアル車が投入されて115系の一部が運用離脱しています。
211系のリニューアル車は、スカートが長野地区で使用されているのと同じタイプに交換され、客室内は扉付近の足元に黄色い滑り止めが設置されているようです。と、そこまではプレスリリースやニュースサイトに記載がありましたが、ネット上の情報では、どうも主抵抗器が更新され、形状も変わっているようなのです。今日、井野駅でリニューアル車の形式写真を撮影する事ができましたので、ご紹介します。

以下に抵抗器部分を拡大したものも貼っておきます。

クモハ211-3052主抵抗器クモハ211-3052主抵抗器 2016年9月24日

主抵抗器の形状変化がわかる写真を撮るには、横川駅では逆側になってしまうため、井野駅で押さえてきました、という報告でした。(写真をクリックすると少し大きめの画写真が表示されます)


コメント

コメントする