3月改正で引退するJR東日本の415系1500番代(クハ411-1506)

クハ411-1506クハ411-1506(水カツ) 2016年1月17日 小山駅

昨日の撮影からもう1枚アップします。415系1500番代の奇数向制御車クハ411-1506です。

JR東日本水戸支社のプレスリリースによれば、2016年3月のダイヤ改正でE531系20両が追加投入され、415系置換え、水戸線は5両編成に統一、常磐線(竜田以南)と水戸線は4扉車に統一されるとのことです。
現在のところ、415系1500番代は12本配置10運用、一方、E531系付属編成は28本配置(在来車25本、3000番代3本)22運用となっています。415系がE531系に置き換えられて予備車の編成数が減るとしても、プレスリリースにあるE531系20両の追加投入では、少ないような気がします。プレスリリースの12月18日時点ではE531系3000番代K551~K553編成は営業運転開始済みなので、E531系3000番代はK554編成までの4本ではなく、(さらに4本追加という意味で)K557編成までの7本となるのか、それとも運用の見直しが行われるのか、興味深いところです。

いずれにしてもJR東日本における415系1500番代の活躍があと2ヵ月あまりであるというのは確かです。
昨日は小山駅で415系1500番代K529編成を撮影しました。現在稼働している勝田の415系1500番代のうち、国鉄時代に製造されたのはK528・529・531の3本だけですので、今となっては貴重な編成が記録できたことになります。ステンレス車、上野まで顔を出さないということもあり、ファンの注目度は今ひとつのようですが、残り僅かとなった活躍ぶりを見守っていきたいと思います。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


コメント

コメント(2)

  1. 匿名 on

    K551~K554は常磐水戸線用で、東北地区の事故&検査時の予備編成として4重になっているようです

    2017年の増備3本は東北送り込み用で数が合います

    返信

    • kazuma on

      ありがとうございます。

      返信

コメントする