イタリア映画祭2012(2) 「La vita facile」

La vita facile今年の鑑賞2作目は、「La vita facile(気楽な人生)」。

監督は昨年観た「Figli delle stelle(星の子どもたち)」のLucio Pellegriniで、出演はおなじみのStefano Accorsi、Pierfrancesco Favinoと、「Baciami ancora」にも出ていたVittoria Pucciniということで、今年の期待作のひとつでした。

ケニアで働く医師ルカ(Accorsi)のもとに、ローマから親友の医師マリオ(Favino)が派遣されてくる。やがてはマリオの妻(Puccini)もセスナ機で現地に到着。電気もまともに使うことの出来ないケニアの田舎を舞台に繰り広げられる群像劇。

ケニアの大自然と過酷な暮らし、ところどころユーモアたっぷりに描く作品には好感が持てますが、結末への展開にはやや疑問が残りました。

イタリア・ポップスとしては、本作にはMatia Bazarの「Ti sento」、Franco Battiatoの「La stagione dell’amore」が使われており、特に後者は重要な役割を果たしています。


コメント

コメントする