インフルエンザ備考録

上田丸子電鉄モハ5263廃車体上田丸子電鉄モハ5263廃車体 1986年9月4日 上田原電車区にて

5日ほど前に職場でインフルエンザに感染し、20日(金)に早退、今日まで仕事をお休みしてました。

木曜日の晩あたりから「コン、コン」と乾いた咳が止まらなくなり、金曜日もそんな感じ。午後に職場近くの医者に行き、熱を測ると「38.3度」。検査で陽性とはならなかったものの、「インフルエンザに間違いない」との診断でタミフルを処方してもらって早退となった訳です。予防接種は受けていましたが、感染したのはおそらく初めてか、記憶にない遠い昔以来のことと思われます。

その晩は熱が39度以上にまで上昇しましたが、次の日は37度台に落ち着き、その後は下がりましたが、咳が出るし、タミフルは5日間必ず飲むようにとの事で、火曜日の今日まではお休みしました。

晩に服用するタミフルは熱が下がってからはあまり早い時間に飲むと眠れなくなってしまうので、寝る直前に飲むのがよいなと思いました。

職場でも同時期に多くの社員が感染したようで、今日通達も出たとの事。それによると、「熱が下がっても24時間は外出しないように」という内容だとか。

ほとんど写真と関係のないことばかり書きましたが、備考録として残しておきたかったからなのでお許しを・・・。

今日はのんびり過ごせましたので、こんな写真もスキャンしてました。
上田交通モハ5372の鋼体化前の車体で、元信濃鉄道の買収国電がルーツです。昇圧前の上田原電車区には廃車体がゴロゴロしてました。


No tags for this post.

コメント

コメントする