武蔵野線に転用されたE231系0番代(モハE231-44)

モハE231-44モハE231-44(千ケヨ) 2018年2月3日 府中本町駅

山手線へのE235系量産車の増備が進み、E231系500番代の総武・中央緩行線への転用がさらに進められています。そして、同線のE231系0番代グループは武蔵野線および八高線・川越線へ転用されることになり、昨年、この第一陣としてミツB5・B22編成から8両編成を組成したケヨMU2編成が武蔵野線に投入されました。本編では線路設備モニタリング装置を装備したサハE231-64をアップしましたが、まだ武蔵野線のE231系が珍しいうちに中間電動車のモハE231形0番代(モハE231-44)をこちらにアップしてみます。

機器更新、帯色変更などを行って、2017(平成29)年11月1日より武蔵野線での運用を開始しており、今年になって元ミツB9編成のMU31編成も加わり、2018(平成30)年2月3日現在では2本が稼働しています。なお、パンタグラフはPS33Bのままのようです。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)