多扉車の元祖京阪電気鉄道5000系(5555)

5555 2018年1月21日 野江駅

1月21日は朝、京阪電車の野江駅とJR京橋駅で少しだけ撮影してから出張先に向かいました。

JRの撮影をメインに考えていたのですが、まだ京橋駅はラッシュの真っただ中。そこでお隣の野江駅で京都方面に行く電車を撮れば乗客がそれほど多くない状態で撮れそう。写真はその時に撮影した5000系の先頭車ゾロ目の5555です。

低気圧の接近により、雲が厚く、一眼レフの手持ちでは露出も厳しいのでミラーレスカメラで撮影しました。
ここで撮影したのは3本ほどで、その後京橋駅で201系や323系などを撮影して出張先に向かいました。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


福知山地区で活躍するクモハ112形5300番代(クモハ112-5305)

クモハ112-5305クモハ112-5305(福フチ) 2018年1月21日 和田山駅

月曜日が大阪出張でしたので、前日に近畿地方入りして久々に和田山駅で撮影してきました。

東京駅を「のぞみ1号」で出て、京都と福知山で特急を乗り継ぎ、和田山には10時半前に到着。着いた時は予報通りの晴れ。途中保津峡あたりから霧が立ち込め、和田山の手前までずっと曇りだったのですが…。結局お昼頃までは列車が来ると晴れるという最悪のパターンで、ようやく昼過ぎに289系、223系に続き撮影できたのがこの113系でした。、ということで、綺麗に撮影できたのクモハ112-5905をアップします。湘南色時代にこの区分はポジで撮影していましたが、地域色になってからは初撮影です。

午後も安定的な曇りは長く続かず、何度も撮り逃しがありましたが、残り少ない223系5500番代の転落防止ホロなし、そして今回のメインターゲットであるクロ288形を撮影できましたので、目的は達成できました。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


「成田山初詣むさしの号」の185系200番代(クハ185-207)

クハ185-207クハ185-207(宮オオ) 2018年1月8日 府中本町駅

2018年初出撃の報告です。2017年の撮り納めと同じ185系200番代となりました。同じような画像が続き申し訳ありません。

1月8日は低気圧が西から接近し、関東地方は曇りのち雨の予報。「青春18きっぷ」を1回分残していた私でしたが、この日は昼には都内にいないといけなかったので遠出はできません。何か撮れないかと調べていたところ、近場で、もしかしたら「(好条件での)撮影困難車」が撮れるかもしれない、と思ってプチ出撃してきました。

185系200番代のうち、臨時特急「はまかいじ」に使用されるB3・B4・B5編成は、京浜東北線・根岸線への入線に対応するためATC装置が搭載されています。このため、同装置取付け部の窓が閉鎖されており、加えて台車も密封コロ軸受化されていますので、特徴ある外観となっています。
6号車のクハ185形300番代は甲府駅で手軽に撮れますし、前エントリーのように、現行ダイヤでは松本駅での留置を狙えば綺麗に撮影できます。しかし、1号車のクハ185形200番代の方は甲府駅では橋上駅舎の位置関係から良好な形式写真が撮れません。そうなると、臨時列車運転時に狙う訳ですが、上記の「はまかいじ」は別としてなかなか同編成が入る事が特定できるような臨時列車はありません。

1月8日は府中本町発の快速「成田山初詣むさしの号」の設定があり、もしB3・B4・B5編成のどれかが入れば、ATC付のクハ185形200番代が撮れるかもしれない、もし外れても府中本町なら近いのであきらめもつくだろう、そんな気持ちで出かけました。すると、やって来たのはB4編成。初撮りのターゲットとしては申し分ありませんでした。
うんちくが長くなりましたが、クハ185-207を貼ります。なお、車両の周りに写り込んだ人物などはレタッチ処理しています。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


あけましておめでとうございます(「はまかいじ」のクハ185-305)

クハ185-305クハ185-305(宮オオ) 2017年12月31日 松本駅

あけましておめでとうございます。
本年もできるだけ多くのコンテンツを皆様にお届けできるよう、頑張ります。
本年もよろしくお願いいたします。

写真は昨年の撮り納めの1枚、クハ185-305です。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)