特急「ライラック」のクハ789形200番代(クハ789-205)

クハ789-205クハ789-205(札サウ) 2017年11月4日 岩見沢駅

北海道遠征最終日の報告です。

前日はメインの「ニセコエクスプレス」を撮影したのがお昼過ぎでしたが、15時頃には周囲が暗くなり、これ以上の撮影はできませんでした。したがって、最終日に数を稼ぐつもりでいました。

前夜からの雨は上がり、天気予報は晴れ傾向となりましたので、当初予定していた苫小牧方面は諦めることに…。結果的に岩見沢に向かう伊藤さんに便乗することとなり、「一日散歩きっぷ」を購入して2人で旭川行の始発列車に乗り込みます。岩見沢では明け方まで雪が降っていたようで、留置車両の屋根は雪化粧。これでは形式写真になりません。最低限の撮影にとどめて江別へ向かいましたが、すでにピーカンとなってしまったので素通りして苗穂へ…。ここもピーカンでしたが、予報では午後も雨か雪のようで、実際、既に日本海側では降り始めている模様。すると、予報どおり雲が広がってきて、撮影タイムに突入。数本の留置編成を撮影し、13時頃には冷たい雨となりました。

ここで2日間行動を共にした伊藤さんと分かれて、次なる撮影地へ。苗穂で撮影した時点で次は石狩当別を予定しましたが、スマホでアメダスをチェックすると、晴れ予報の苫小牧が日照「0」となっているではないですか。そこで、苫小牧へ向かうことにしますが、札幌周辺のローカル列車が軒並み遅れており、13:00の苫小牧行は20分ほど遅れている模様。撮影を予定していた列車に間に合わなくなりそうでしたが、一か八かで苫小牧へ。17分程度の遅れで済み、キハ143を予定通り撮影。「すずらん」の1本が789系1000番代だったのは残念でしたが、石狩当別よりも撮影両数は確保できたと思います。

写真は朝、岩見沢駅で撮影した特急「ライラック」のクハ789-205です。青函特急「スーパー白鳥」として活躍してきましたが、北海道新幹線開業により同列車は廃止となり、2017(平成29)年3月ダイヤ改正より特急「ライラック」に使用されることになり転用改造されました。保安装置やブレーキ装置の改造のほか、先頭車はスカート部の変化や、前面の愛称表示器がフルカラーLEDとなっているのが目立ちます。また、各編成に北海道内の観光ラッピングが施され、このHE-105+HE-205編成は「空知」のラッピングが側面に施されています。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


11/4の運転を最後に引退した「ニセコエクスプレス」のキハ182-5001

キハ182-5001キハ182-5001(札ナホ) 2017年11月3日 倶知安駅

北海道遠征2日目の報告です。

初日のエントリーにも書きましたように、今回の遠征のメインは10/29・11/3・4のラストランを以って引退する「ニセコエクスプレス」です。私はこれまでに日本ハムファイターズのラッピングの姿を3両とも撮影していました。ほかに撮影できずに終わったジョイフルトレインも数多くありますので、平凡な車両であればこれで終わりにしたかもしれません。ところが、この「ニセコエクスプレス」はグッドデザイン賞にも選出された欧州調のデザインがとても好きで、オリジナルの姿を撮影できずに終わるのは後悔すると思いました。

こうして迎えた遠征2日目。キハ183系5000番代の撮影はこの日に予定し、翌日は予備日と考えていました。遠征のコストパフォーマンスを上げるためにも、出来るだけこの日に撮影を済ませて、翌日は別の場所に行きたいところ。幸い、雨も夕方以降が中心という予報に推移しました。

昨晩から合流した「トレインブックス」の伊藤さんとともに、小樽で少し撮影した後、「ニセコエクスプレス」を迎え撃つため倶知安駅に降り立ちました。ここでの14分停車の間に3両全車撮影できれば、精神的にだいぶ楽になります。ところが、倶知安駅は胆振線時代に使われていた駅舎側の旧1番ホームの両端が立入制限されていて、2番線に発着する蘭越行の「ニセコエクスプレス」は中間車のキハ182-5001しか撮れなくなっていました。途端に不安がよぎりましたが、何とか写真のように中間車を撮影して、快速列車となる「ニセコエクスプレス」に乗って蘭越へ。ここで無事に先頭車のキハ183-5001も撮影。今回の遠征が無駄足に終わる事なく済みました。

続きを読む


小樽市総合博物館に保存されている救援車スエ78 5

スエ78 5スエ78 5(旭エン表記) 2017年11月2日 小樽市総合博物館

9月に北海道に行ったばかりですが、この11月2日から4日まで北海道遠征に出ていました。

こういう形で同じ方面への遠征が二度続くことは滅多にない事ですが、今回はずっと撮り直したいと思っていた「ニセコエクスプレス」が引退してしまうというので計画しました。メインの「ニセコエクスプレス」は2日目の撮影ですので、まずは1日目に訪問した小樽市総合博物館に保存されているスエ78 5をアップします。戦災復旧車オハ77 20を郵便荷物車に改造したマユニ78 7を旭川工場で救援車に再改造したもので、高崎のスエ78 15が解体されてしまったため、現存する唯一の3軸ボギー台車を履く戦災復旧車です。

小樽市総合博物館を訪問するのは、前身の北海道鉄道記念館以来30年ぶりです。遠征初日は晴れていたため、のんびりと保存車両を眺めようと訪問しました。実はここを訪問したのはマニ30をきちんと撮りたかったからなのですが、木が丁度形式写真の画角に写り込んでしまってダメなんですね。行ってみて初めて知りました。

続きを読む