黒磯駅からは姿を消すE721系1000番代(クハE720-1012)

クハE720-1012クハE720-1012(仙セン) 2017年8月6日 黒磯駅

今週末の10月14日、JR東日本ではダイヤ改正が行われ、黒磯駅で実施されている信号・電力設備の改良工事に伴い、東北本線黒磯から郡山方面への普通列車が黒磯-新白河間、新白河-郡山方面に系統分離され、黒磯-新白河間はE531系およびキハ110系による運転となります。

黒磯駅で日常的に見られた701系やE721系といった交流電車が営業運転で見られるのは明日限りということになります。中でもE721系1000番代は、昨年暮れにデビューしたため、黒磯駅に営業運転で姿を見せるのは1年未満で終わるということになります。
E721系1000番代は従来、所定運用では早朝と夜間にしか黒磯駅に姿を見せなかったのですが、8月に黒磯駅を訪問した際、多客対応で所定2両編成の運用を代走していたため、写真のように形式写真を撮影することが出来ました。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


塩釜埠頭駅に留置されていたクモヤ900055

クモヤ900055クモヤ900055(仙リハ) 1989年5月20日 塩釜埠頭駅

昨日から今日にかけて、古いネガを少しばかりスキャンしたりしていました。その中から塩釜埠頭駅に留置されていたクモヤ900055を紹介します。

クモヤ90055は戦時設計のモハ63形をルーツとし、モハ63181(昭和21年新製)→モハ72248(昭和27.5改造)→クモヤ90055(昭和46.4改造)という改造遍歴となっています。最終配置は陸前原ノ町で、国鉄民営化前の1987年2月5日に廃車となりました。
写真は1989(平成元)年の撮影ですので、既に車籍はなくなっています。この時は塩釜埠頭駅に101系1000番代の中間車とともに留置されていました。(モハ100-1014の写真を以前アップしています。)
その後、解体を免れて仙台市内郊外でカラオケ施設として車体が利用されていたそうです。しかし、カラオケ施設としての役目を終えた後、数年が経過した2015年頃に解体されてしまったそうです。(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)


青色に塗色変更された姿が目撃されているクハE653-1006

クハE653-1006クハE653-1006 2016年11月6日 酒田駅

特急「いなほ」には常磐線から転用されたE653系1000番代が充当されていますが、塗色は「夕日・稲穂・海」をイメージしたものとなっています。

しかし、ネットでご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、現在、秋田総合車両センターに入場しているU106編成の何両かが青一色に塗色変更されているのが目撃されています。このクハE653-1006も塗色変更されているようで、そのまま単色のまま運転されるとは思い難いですが、少なくとも青をベースとした塗色で出場するものと思われ、今後の動向が注目されます。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)