JR北海道のアルミ試作車735系(クハ735-102)

クハ735-102クハ735-102(札サウ) 2017年9月3日 小樽駅

北海道遠征最終日、9月3日の撮影報告です。

今回は9月4日まで休暇でしたが、5日間をフルに使っては体力的にシンドイので、5日目はオプションとし、曇りそうなら4日目の晩に道南地方あるいは東北地方まで南下しておいて、翌朝だけ撮影し、午後の早い時間には帰宅できるようなプランを考えていました。しかしながら、台風が月曜には抜ける見込みとなり、北海道も東北も晴れ予報に変わりましたので、4日間で遠征を終えることにしました。4日目の北海道も概ね晴天ベースの予報でしたので、朝のうちしか撮れないだろうと覚悟を決めて臨みましたが。やはり北海道の日の出は早いですね。早朝5時台なら何とかなるだろうとの思いは甘く、深川5:44発の留萌本線ですら背景に昇り来る太陽が迫っていて、レタッチで誤魔化すしかない写真となってしまいました。

この先のプランとしては、晴れを覚悟し、(1)岩見沢駅でキハ183系「旭山動物園号」編成の中間車だけ撮影する、(2)留萌まで往復乗り鉄する、(3)観光をする、などが浮かび、(1)の岩見沢に向かいましたが、車中でアメダスを確認すると、札幌、小樽方面は雲がありそう。そこで岩見沢での下車を取りやめて、札幌乗換で小樽に行って4番線に入る快速「エアポート」を狙うことにしました。

この判断が成功で、札幌8:43の小樽行を待っていると来たのは735系を2本くっつけた6連。しかも小樽は2番線に入る模様で、あとは天気次第。
空を気にしながら小樽に到着すると、雲が切れて太陽が覗きましたが、今日は風も強く、みるみるうちに雲が広がってくれて今回の遠征では撮影を諦めていたアルミ試作車の735系各形式をゲットできました。

今回貼ったのは、薄日が差して影が入ってしまったのでイマイチですが、クハ735-102の方です。曇りで撮れた101の写真はいずれ本編に使おうと思っています。

この後の快速「エアポート」2本も無事に撮影して札幌に戻り、苗穂でキハ283系を撮影して全ての撮影を終了。

今回の撮影成果をもとに、本編のJR北海道の車両のページを充実させていきたいと思っております。
(写真をクリックすると、少し大きめの画像が表示されます)