ITRENINET 鉄道車両形式写真集

国鉄・JRの車両を中心に、形式写真を紹介するサイトです。

ホーム > 私鉄形式写真 > 筑波鉄道キクハ10形

筑波鉄道キクハ10形


概説

 常総筑波鉄道時代の1957(昭和32)年11月に日本車輛製造東京支店で新製された。
 当初は客車の形式であるホハ1001を名乗っていたが、翌年4月にキサハ53に改番されている。
 1960(昭和35)年11月には日本車輛製造東京支店で日野DS40B2ディーゼルエンジンが搭載され、キハ511(初代)となり、運転台が前後に新設された。その後1970(昭和45)年12月に水海道工場で機関が撤去されて、キクハ11となった。定員110(座席50)名。
 常総線で運用されていたが、1978(昭和53)年12月に筑波線に転属している。
 晩年はほとんど運用に就かないまま、1986(昭和61)年12月に廃車となった。

筑波鉄道キクハ11

筑波鉄道キクハ11

キクハ11 拡大画像を見る
ホハ1001 昭和32.10新製→キサハ53 昭和33.4改番→キハ511 昭和35.10改造→キクハ11 昭和45.4改造→昭和61.12廃車
1986年4月6日 真鍋機関区にて

サイト内検索

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る