ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 私鉄形式写真 > 静岡鉄道デワ1形

静岡鉄道デワ1形


概説

 清水線用の木造有蓋電動貨車として、1926(大正15)年に日本車輛で新製された。新製当時はデワ10を名乗っていた。車体は全長7,722mm、日本では貴重なバッファー・リンク式連結器を持つ。集電方式は後にポールからパンタグラフに変更された。台車は日車製NS-K5。
 当初は貨物輸送に、晩年は工事列車用として使用されたが、1982(昭和57)年に廃車となり、機械扱いで残るが、近年は長沼工場の一般公開の際に展示されている。

静岡鉄道デワ1

デワ1形

写真は新静岡方を示す。
デワ1 拡大画像を見る
大正15.12新製→昭和57.5廃車
2010年5月16日 長沼工場にて

静岡鉄道デワ1

デワ1形

新清水方。
デワ1 拡大画像を見る
2010年5月16日 長沼工場にて

NS-K5台車

NS-K5台車 拡大画像を見る

2010年5月16日 長沼工場にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る