ITRENINET 鉄道車両形式写真集

大井川鐵道スハフ43形


概説

 元国鉄スハフ43形。
 スハ43系のうち、特急専用として1951・52(昭和26・27)年に新製されたグループの三等緩急車で、三等車のスハ44 1~34、三等荷物合造車のスハニ35 1~12とともに1951(昭和26)年にスハフ43 1~3の3両が新製された。
 スハフ43形は基本構造はスハフ42形と同様であるが、出入台は1ヵ所のみとなり、側窓は幅700mmである。スハフ42形と異なり、後方監視窓は左右両側に設置された。客室内は角度をつけた2人掛けの固定クロスシート(シートピッチ835mm)が通路を挟んで両側に一方向に配置されている。定員72名。台車はTR47だが防振ゴム付となった。
 スハ44形などとともに東海道本線の「つばめ」、「はと」、東北本線の「はつかり」などの特急に使用されたが、「つばめ」、「はと」は後に電車化、「はつかり」は気動車化されると余剰となり、1960・61(昭和35・36)年度に観光団体列車に使用するため近代化改造が施工された。座席の回転化、室内灯の蛍光灯化、側扉の交換、便・洗面所の改良などが行われたが、窓枠のアルミサッシ化については予算の関係で見送られたグループがあり、スハフ43 1~3もそれに該当する(後に施工)。また、この時にスハ44形を緩急車化してスハフ43 11~24が誕生している。
 スハフ43 1は1975(昭和50)年に廃車となったが、2・3は四国でローカル列車に使用されて1986(昭和61)年に廃車となった。
 スハフ43 2・3の2両はナショナルトラストが譲り受け、特急「はつかり」時代の塗色に復元されて大井川鐵道で使用されている。

大井川鐵道スハフ43 3

スハフ43形

スハフ43 3の4・2位側を示す。2位側の便所窓はHゴム支持で固定化され、その部分のウィンド・ヘッダーが撤去されている。
スハフ43 3拡大画像を見る
スハフ43 3 昭和26.10新製→昭和61.10廃車→大井川スハフ43 3 昭和62.11竣工
2013年11月3日 新金谷駅にて

大井川鐵道スハフ43 3

3・1位側を示す。洗面所窓がHゴム支持に変更され、その部分のウィンド・ヘッダーが撤去されている。
スハフ43 3拡大画像を見る
2013年11月3日 新金谷駅にて

大井川鐵道スハフ43 2

スハフ43 2の3・1位側を示す。
スハフ43 2拡大画像を見る
スハフ43 2 昭和26.10新製→昭和61.10廃車→大井川スハフ43 2 昭和62.11竣工
2013年11月3日 新金谷駅にて

大井川鐵道スハフ43 2

スハフ43 2の4・2位側を示す。
スハフ43 2拡大画像を見る
2013年11月3日 新金谷駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る