ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 私鉄形式写真 > 鹿島鉄道キハ710形

鹿島鉄道キハ710形


概説

 元三井芦別鉄道のキハ101~103(1958年新潟鉄工所新製)で、1972(昭和47)年5月12日限りで同鉄道の旅客営業が廃止されたことにより、関東鉄道が譲り受けて鉾田線用キハ711~713として1972(昭和47)年8月に竣工した。機関はDMH-17BX、台車はNH-38、定員114名(座席72名)である。
 あまり手を加えずにセミクロスシートのまま使用開始し、主力として活躍したが、KR500形の増備により713が1991(平成3)年に、711・712が1992(平成4)年に廃車となって形式消滅した。

鹿島鉄道キハ711

キハ710形

キハ711 拡大画像を見る
三井芦別キハ101 昭和33.1新製→関東鉄道キハ711 昭和47.8竣工→平成4.12廃車
1988年5月5日 石岡機関区にて

鹿島鉄道キハ711

キハ711 拡大画像を見る
1988年5月5日 石岡機関区にて

鹿島鉄道キハ712

キハ712 拡大画像を見る
三井芦別キハ102 昭和33.1新製→関東鉄道キハ712 昭和47.8竣工→平成4.12廃車
1988年5月5日 石岡機関区にて

鹿島鉄道キハ713

キハ713 拡大画像を見る
三井芦別キハ103 昭和33.1新製→関東鉄道キハ713 昭和47.8竣工→平成3.12廃車
1988年5月5日 石岡機関区にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る