ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 私鉄形式写真 > 関東鉄道キハ800形

関東鉄道キハ800形


概説

 常総筑波鉄道時代の1961(昭和36)年に日本車輛東京支店で新製されたもので、空気バネ式台車(NA305・NA305T)を履いておりキハ504形に似ているが、車長を2m延ばして20mとなった。機関はDMH17H(180PS/1,500rpm)。
 新製当初、キハ801~803が常総線に、キハ804・805が筑波線に配置され、筑波線の2両は国鉄水戸線経由で笠間・小山への乗入れ運転を行っていたが、1964(昭和39)年に常総線に転属した。また、同年全車セミクロスシートからロングシートに改造された。定員120(座席58)名。
 常総線で活躍していたが、2扉のままだったこともあって、1993(平成5)年までに全車廃車となった。

関東鉄道キハ801

キハ800形

キハ801 拡大画像を見る
昭和36.10新製→平成5.2廃車
1988年2月17日 水海道機関区にて

関東鉄道キハ803

キハ803 拡大画像を見る
昭和36.10新製→平成5.9廃車
1988年2月6日 水海道機関区にて

関東鉄道キハ803

キハ803 拡大画像を見る
1988年2月6日 水海道機関区にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る