ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 私鉄形式写真 > 関東鉄道キハ700形

関東鉄道キハ700形


概説

 常総筑波鉄道が1957(昭和32)年に日本車輛東京支店で2両新製した車両で、旧形式はキハ48000形(48001・48002)である。特急「しもだて」に使用するため、セミクロスシートを備えていた。
 1962(昭和37)年に総括制御化改造され、形式もキハ700形701・702となった。1964(昭和39)年にロングシート化、1975(昭和50)年に既設扉のステップ撤去と中央部への両開き扉新設を行い、3扉車の通勤車となった。
 機関は701がDMH-17C、702がDMH-17B、台車はNA4D、定員120(座席56)名。
 常総線で活躍していたが、1989(平成元)年に廃車となった。

関東鉄道キハ702

キハ700形

キハ702 拡大画像を見る
キハ48002 昭和32.6新製→キハ702 昭和37.6改造→昭和39.1ロングシート化→昭和50.7扉増設→平成1.2廃車
1988年2月6日 水海道機関区にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る