ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 私鉄形式写真 > 関東鉄道キハ500形

関東鉄道キハ500形


概説

 常総筑波鉄道時代の1959(昭和34)年に日本車輛東京支店で新製されたもので、キハ501~503の3両あるが、新製直後はキハ501・502がキハ504・505を名乗っていて、キハ504・505がキハ501・502となっていた。入線後すぐに改番されている。
 キハ504形が空気バネ式台車を履いているのに対し、コイルバネ式台車を履いている。また、新製時から総括制御車となり、列車の編成化が促進された。
 筑波線に配置されたが、キハ501・502は1963(昭和38)年に常総線に転属して1968(昭和43)年にセミクロスシートからロングシートに改造されている。キハ503は1987(昭和62)年の筑波鉄道廃止まで筑波線で活躍し、同年関東鉄道常総線に転属したが経年劣化が進んでいたため、使用されずに廃車となり、キハ501・502も1991(平成3)年に廃車となった。

関東鉄道キハ501

キハ500形

キハ501 拡大画像を見る
昭和34.9新製→平成3.9廃車
1988年2月6日 水海道機関区にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る