ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 私鉄形式写真 > 関東鉄道キハ0形

関東鉄道キハ0形


概説

 1982~84(昭和57~59)年にかけて、国鉄キハ20系の機関、台車などを流用して車体を新潟鉄工所で新製したもので、車歴上新製扱いとなっている。
 車体はキハ310形のスタイルを踏襲しているが、雨樋縦管が車体に埋め込まれたことや、扉の窓が大きくなったこと、前照灯が正面窓下に取り付けられたことなどが異なっている。
 キハ310形と同様、下館寄が奇数番号、取手寄が偶数番号で2両編成を組んでいて、連結面には貫通幌も取り付けられた。
 キハ001~008の8両が新製されている。
機関はDMH17であったが、1995(平成7)年および1997(平成9)年にDMF13HZに交換、さらに1997・98(平成9・10)年に冷房改造が行われている。

関東鉄道キハ003

キハ001・003・005・007

キハ003 拡大画像を見る
昭和58.12新製
1988年2月6 水海道機関区にて

キハ004

キハ002・004・006・008

キハ004 拡大画像を見る
昭和58.12新製
1988年2月6 水海道機関区にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る