ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 私鉄形式写真 > 伊豆箱根鉄道11300系

伊豆箱根鉄道1300系


概説

 駿豆本線近代化のために1979~97(昭和54~平成9)年にかけて、18両が新製されたもので、1000系第1~4編成以来の自社発注車である。
 クモハ3000形+モハ3000形+クハ3500形の3両編成で、同社では初めてカルダン駆動、冷房装置、発電ブレーキ併用電気指令式ブレーキが採用され、車体は20m片側3扉で、最大幅は2,900mm、国鉄の近郊形電車のように裾を絞っている。客室内はセミクロスシートである。(第1編成の中間車モハ3002のみ1988年に座席指定制の快速列車用に転換クロスシート化され、同列車廃止後もそのままである)台車は空気バネ式のFS-372N・FS-072Nとなった。
 1979~82(昭和54~57)年の各年1本ずつ新製された第1~4編成は、鋼製車体で、塗装はクリスタルホワイトを基調として、ライオンズブルーと呼ばれる青帯を配している。
 1987(昭和62)年に新製された第5編成の車体はステンレス製で、大雄山線の5000系のように全面窓が上方に拡大され、鋼製車では中央窓上にあった行先表示器が運転台上部の窓内に収められた。乗務員室後部にも座席を設置して窓配置を変更、側窓は一段下降式となって国鉄211系のようなサイドビューである。帯はライオンズブルー。
 その後2扉転換クロスシートの7000系が新製されたが、混雑時に不評であることと製造コストがかかることから、1997(平成9)年には再び3000系第6編成が増備された。第5編成と同様にステンレス車体であるが、制御車にスカートが取り付けられ、中間車モハ3012のパタングラフは下枠交差式に変更、行先表示器はLED化されて側面にも取付、客室内にもLED式の案内装置が追加された。
 駿豆本線の主力車両として活躍している。

伊豆箱根鉄道クモハ3003

クモハ3000形(3001・3003・3005・3007)

1979~82(昭和54~57)年に新製された鋼製車体の三島寄りに連結される制御電動車で、MG・CPを搭載する。定員148(座席64)名。台車はFS-372N。
クモハ3003 拡大画像を見る
昭和55.7新製
2008年1月14日 三島駅にて

伊豆箱根鉄道クモハ3009

クモハ3000形(3009)

1987(昭和62)年に新製されたステンレス車体の制御電動車。補助電源装置がMGからSIVに変更された。定員143(座席60)名。
クモハ3009 拡大画像を見る
昭和62.3新製
2012年1月15日 三島駅にて

伊豆箱根鉄道クモハ3011

クモハ3000形(3011)

1997(平成9)年に新製されたステンレス車体の制御電動車。定員143(座席60)名。スカート付となり、行先表示器のLED化などがなされている。
クモハ3011 拡大画像を見る
平成9.3新製
2008年8月17日 三島駅にて

伊豆箱根鉄道モハ3004

モハ3000形(3002・3004・3006・3008)

1979~82(昭和54~57)年に新製された鋼製車体の中間電動車で、パンタグラフ2基、制御装置を搭載する。定員159(座席72)名。モハ3002のみ1988(昭和63)年の転換クロスシート化により、定員145(座席64)名に変更された。台車はFS-372N。
モハ3004 拡大画像を見る
昭和55.7新製
2008年1月14日 三島駅にて

伊豆箱根鉄道モハ3010

モハ3000形(3010)

1987(昭和62)年に新製されたステンレス車体の中間電動車。定員140(座席68)名。
モハ3010 拡大画像を見る
昭和62.3新製
2011年7月30日 三島駅にて

伊豆箱根鉄道モハ3012

モハ3000形(3012)

1997(平成9)年に新製されたステンレス車体の中間電動車。定員153(座席68)名。パンタグラフが下枠交差式に変更されている。
モハ3012 拡大画像を見る
平成9.3新製
2008年8月17日 三島駅にて

伊豆箱根鉄道クハ3502

クハ3500形(3501~3504)

1979~82(昭和54~57)年に新製された鋼製車体の修善寺寄りに連結される制御車。定員148(座席64)名。台車はFS-072N。
クハ3502 拡大画像を見る
昭和55.7新製
2008年1月14日 三島駅にて

伊豆箱根鉄道クハ3505

クハ3500形(3505)

クハ3500形(3505)
1987(昭和62)年に新製されたステンレス車体の制御車。定員143(座席62)名。
クハ3505 拡大画像を見る
昭和62.3新製
2011年7月30日 三島駅にて

伊豆箱根鉄道クハ3506

クハ3500形(3506)

クハ3500形(3506)
1997(平成9)年に新製されたステンレス車体の制御車。定員143(座席60)名。クモハ3011と同様にスカート付となり、行先表示器のLED化などがなされている。
クハ3506 拡大画像を見る
平成9.3新製
2008年8月17日 三島駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る