ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > 24系特急形寝台客車 > スハネ25形

24系特急形寝台客車|スハネ25形


500番代

 JR北海道のシャワー室、ミニロビー付1人用個室寝台車「ソロ」で、1988・89(昭和63・平成元)年にオハネ25 18・31、オハネ14 515を種車として改造された。
 後位側に2階建て式の個室を上下4室ずつ配置(定員8名)し、2階個室には階段が設けられている。車体中央部にミニロビー、前位側にシャワー室を2室、便・洗面所を設置、ミニロビーには飲料用自動販売機やAV装置、カード式公衆電話を備えている。
 1989(平成元)年に改造されたスハネ25 503は、ミニロビー部分の窓が400mm拡大されて1,580mmとなっており、外観が501・502とは異なっている。
 寝台特急「北斗星」に使用されていたが、2015(平成27)年3月に定期運行を終了し、この時点でJR北海道の「北斗星」用24系客車は運用を終了、3両とも廃車となって形式消滅した。

スハネ25 501

スハネ25 501・502

スハネ25 501(札サウ)拡大画像を見る
オハネ25 18 昭和49.3新製→スハネ25 501 昭和63.2改造→平成27.4廃車
2012年7月21日 福島駅にて

スハネ25 501

スハネ25 501(札サウ)拡大画像を見る
2012年7月30日 苫小牧駅にて

写真はありません

スハネ25 503

スハネ25 503(札サウ)
オハネ14 55 昭和47.9新製→オハネ14 515 昭和58.3改造→スハネ25 503 平成1.4改造→平成27.4廃車

700番代

 国鉄民営化直前、今後のブルートレインのモデルケースとしての1986(昭和61)年11月ダイヤ改正より「あさかぜ1・4号」についてグレードアップ化を行ってきたが、さらに1987(昭和62)年3月ダイヤ改正時にはシャワールーム付の2人用B個室寝台車「デュエット」を連結することになり、同年オハネ25形100番代(223・219・222)を種車として改造されたのが本グループである。
 種車の寝室は全て撤去され、前位側に上段4室、下段4室の2人用個室を計8室設け(定員16名)、中央部後位寄りにミニロビー、後位側にシャワールーム2室を設置している。ミニロビー脇には飲料用自動販売機、シャワールーム脇には聞き室がそれぞれ設置されている。便所と洗面所は前位側に1ヵ所設置されている。
 品川に配置され、後に尾久に転属、1994(平成6)年に「あさかぜ1・4号」が廃止された後は臨時列車にも運用されたが、2000(平成12)年に全車廃車となって区分消滅した。

スハネ25 703

スハネ25 701~703

1・3位側を示す。写真手前側が個室部分で、奥がミニロビーである。
スハネ25 703(東シナ)拡大画像を見る
オハネ25 222 昭和52.12新製→スハネ25 703 昭和62.3改造→平成12.11廃車
1988年12月31日 下関駅にて

2100番代

 JR九州の寝台特急「なは」用1人用B個室寝台「ソロ」で、1992(平成4)年にオハネ25 124・126・131を種車として改造された。番号は原番号+2000である。
 客室内は中央部に通路を設置し、両側に14室ずつ系28室の個室を長手(線路)方向に2層式に配置している。
 側窓はブロンズガラスの外嵌め式となっている。また、側面のステンレス飾り帯は裾部にのみ残り、「SOLO COMPARTMEN CAR」のロゴを取り付けている。
 2008(平成20)年3月の同列車廃止まで使用され、2008・09(平成20・21)年に廃車となって区分消滅した。

スハネ25 2131

スハネ25 2124・2126・2131

スハネ25 2131(熊クマ)拡大画像を見る
オハネ25 131 昭和51.7新製→スハネ25 2131 平成4.6改造→平成21.3廃車
2007年9月29日 京都駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る