ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > 24系特急形寝台客車 > オシ25形

24系特急形寝台客車|オシ25形


900番代

 次世代寝台特急車両「夢空間」の食堂車「ダイニングカー」としてJR東日本が試作したもので、1989(平成元)年にオロネ25 901、オハフ25 901とともに1両が新製された。
 従来の食堂車は編成の中ほどに連結されていたため、通路を通行する乗客がいて落ち着いた食事ができないという声があったが、列車の最後部に連結することを前提としてダイニングルーム側は丸妻非貫通とし、両側に非常扉を設置した。
 オープンフロアはテーブルはラージサイズのダイニングテーブルを3列配置し、通路を挟んで4人掛と2人掛とに分かれている。また、車体中央にプライベートダイニング用として4人用の個室を設置した。
 照明は白熱灯を使用してソフトでゴージャス感を出している。 
 台車はTR217C。
 尾久に配置されて、団体・臨時列車に使用されたが、2008(平成20)年に運転終了し、2009(平成21)年に廃車となって形式消滅した。

オシ25 901

オシ25 901

オシ25 901(東オク)拡大画像を見る
平成1.3新製→平成21.6廃車
2004年12月23日 尾久駅にて

オシ25 901

写真は通路側を示す。
オシ25 901(東オク)拡大画像を見る
2007年10月19日 尾久駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る