ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > 24系特急形寝台客車 > オハネフ24形

24系特急形寝台客車|オハネフ24形


0番代

 24系特急形寝台客車のB寝台緩急車で、1973(昭和48)年に27両が新製された。
 車体は14系のスハネフ14形を基本としているが、電源機関は持たない。台車はTR217Cで、定員45名。屋根上にAU76冷房装置を2基搭載している。
 16~18は1977(昭和52)年にスハネフ14 101~103に改造された。
 その他は1982・83(昭和57・58)年に2段寝台化改造が施工され、定員は30名となった。
 廃車も進んだが、現在もJR東日本の青森に配置されていて、寝台特急「あけぼの」・「日本海」に使用されている。一部は尾久に在籍していた当時に引戸化・金帯化されているものがあるほか、乗務員室窓小窓化、雨樋露出などで形態の変化がみられる。
 2015(平成27)年までに区分消滅した。

オハネフ24 13

オハネフ24 1~27

写真は通路側を示す。
オハネフ24 13(盛アオ)拡大画像を見る
昭和48.9新製→平成15.10廃車
1989年3月22日 秋田駅にて

オハネフ24 23

写真は青森所属車で、後年の改造により乗務員室窓が写真のように小型化されている。また、雨樋が外付けに改造されている。
オハネフ24 23(盛アオ)拡大画像を見る
昭和48.9新製→平成27.8廃車
2014年3月16日 尾久駅にて

オハネフ24 10

オハネフ24 10・12・22の3両は尾久所属時代に耐寒耐雪工事が施工されて、側出入口が引戸に改造されて金帯となった。その後青森に転属して乗務員室窓が写真のように小型化された。写真は寝台側を示す。
オハネフ24 10(盛アオ)拡大画像を見る
昭和48.9新製→平成27.11廃車
2013年8月23日 大館駅にて

500番代

 JR北海道において、寝台特急「北斗星」に使用される24系のB寝台車を補充するため、オハネ14形500番代(508・507)を種車として24系の緩急車に改造したものである。1989(平成元)年に苗穂工場で改造された。
 寝室はグレードアップ化をした2段寝台とし、乗務員室は後位側出入台と寝室との間に設けられ、側面には開閉式の窓を設置、妻面は切妻のままで貫通扉を引戸から開戸に変更、尾灯・列車名表示器・後方監視用窓が新設された。車端ダンパは残されている。台車はTR217F、定員30名。
 波動用として使用されることが多いが、乗務員室の確保として主に編成中間に連結されており、写真のように編成端に連結されることは稀である。

オハネフ24 502

オハネフ24 501・502

写真は寝台側を示す。
オハネフ24 502(札サウ)拡大画像を見る
オハネ14 74 昭和47.9新製→オハネ14 507 昭和58.3改造→オハネフ24 502 平成1.6改造
2007年11月5日 尾久駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る