ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > 24系特急形寝台客車 > オハフ25形

24系特急形寝台客車|オハフ25形


900番代

 次世代寝台特急車両「夢空間」のラウンジカーとして、JR東日本が試作したもので、1989(平成元)年にオロネ25 901、オシ25 901とともに1両が新製された。
 「知的遊空間」のデザインテーマのもとに、列車ホテルのメインバー・社交場と位置づけられている。車内はラウンジフロアとレストルーム、乗務員室から構成され、ラウンジフロアにはバーカウンターとチェア14脚、ピアノが設けられている。台車はTR217C。
 団体、臨時列車等に使用されたが、2008(平成20)年に運転終了し、2009(平成21)年に廃車となって形式消滅した。

オハフ25 901

オハフ25 901

1・3位側を示す。
オハフ25 901(東オク)拡大画像を見る
平成1.3新製→平成21.6廃車
2004年12月23日 尾久駅にて

オハフ25 901

写真は2・4位側を示す。
オハフ25 901(東オク)拡大画像を見る
2006年7月1日 尾久駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る