ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > 24系特急形寝台客車 > カニ24形

24系特急形寝台客車|カニ24形


0番代

 発電装置を装備する荷物車。ディーゼル機関DMF31Z-G(430PS/1,200rpm)と発電機DM95(300kVA)を組合わせたディーゼル発電装置を2基搭載する。車体はマヤ24形(後のカヤ24形)よりも延長されて全長18,500mmとなった。荷物室の荷重は3t。台車はTR66B。
 1974(昭和49)年に新製された1~8は車掌室側妻面にマイクロスカートを持つ。
 1975・76(昭和50・51)年に増備された9~25は、マイクロスカートが廃止された。
 1987・88(昭和62・63)年に寝台特急「北斗星」用に9両が耐寒耐雪改造されてカニ24 501~509となった。
 2016(平成28)年にJR西日本の「トワイライトエクスプレス」用の4両が廃車となり、500番代も先に区分消滅していたため、カニ24形はは廃形式となった。

カニ24 7

カニ24 1~8

カニ24 7(熊クマ)拡大画像を見る
比較的原形を保っているが、テールマーク周りの白色塗装が省略されている。
昭和49.3新製→平成21.6廃車
2004年12月12日 沼津駅にて

カニ24 6

テールマーク左右のステンレス帯が下部に移設された異端車である。
カニ24 6(熊クマ)拡大画像を見る
昭和49.3新製→平成20.6廃車
2004年1月12日 沼津駅にて

カニ24 9

カニ24 9~25

マイクロスカートが廃止されたグループ。
カニ24 9(熊クマ)拡大画像を見る
昭和50.12新製→平成17.11廃車
2004年1月12日 沼津駅にて

カニ24 23

発電装置の更新が行われ、屋根上のファンが2基に減少、側面のルーバーが埋められている。また、帯は白帯に変更されている。
カニ24 23(盛アオ)拡大画像を見る
昭和51.8新製→平成27.11廃車
2008年7月5日 大宮駅にて

カニ24 25

白色帯となり、雨樋が露出しているタイプで、オリジナルとは印象が大幅に異なる。
カニ24 25(盛アオ)拡大画像を見る
昭和51.9新製→平成27.11廃車
2009年7月26日 大宮駅にて

カニ24 10

トワイライトエクスプレス用に1989・91(平成1・3)年に耐寒耐雪工事を施工し、塗装をダークグリーンに改めたグループで、10・12~14の4両が宮原に所属している。寝台特急「日本海」用の電源車とは向きが逆となっている。
カニ24 10(大ミハ)拡大画像を見る
昭和51.1新製→平成28.5廃車
2013年9月1日 新津駅にて

100番代

 1977~80(昭和53~55)年に増備されたグループで、車体長は19,500mmに延長され、荷重5tへと増加した。切妻形で、貫通扉を設けている。
 2015(平成27)年までに区分消滅した。

カニ24 116

カニ24 101~116

写真は白帯化されているものの、比較的原形に近いものを示す。
カニ24 116(盛アオ)拡大画像を見る
昭和55.9新製→平成27.8廃車
2007年5月19日 大宮駅にて

カニ24 102

写真はJR東日本青森に所属する車両で、雨樋が外側に取り付けられている。金帯。
カニ24 102(盛アオ)拡大画像を見る
昭和52.8新製→平成27.11廃車
2007年9月23日 大宮駅にて

カニ24 112

写真は発電装置の更新が行われたグループで、屋根上のファンが2基に減少、側面のルーバーが埋められている。特にこの112は非貫通化されており、形態が著しく変化している。
カニ24 112(東オク)拡大画像を見る
昭和52.12新製→平成27.11廃車
2005年7月9日 尾久駅にて

500番代

 耐寒耐雪改造を施したグループで、まず寝台特急「北斗星」用に1987・88(昭和62・63)年にカニ24 2・19・21・1・5・8・20・22・24を種車としてカニ24 501~509が改造された。種車の違いにより、マイクロスカートの有無の違いがある。
 1990(平成2)年にJR東日本が追加改造したカニ24 510・511は、カニ24形100番代(113・115)を種車としているため、切妻・貫通形となっている。510は「カシオペア」用予備電源車カヤ27 1に再改造されたため、511のみが残ったが、2015(平成27)年に廃車となった。
 寝台特急「北斗星」の廃止に伴い定期運用がなくなり、保留車となっていた車両も2016(平成28)年までにすべて廃車となり、区分消滅した。

カニ24 501

カニ24 501~509

写真の501は最後までマイクロスカートが残っていた。
カニ24 501(札サウ)拡大画像を見る
カニ24 2 昭和49.3新製→カニ24 501 昭和62.1改造→平成22.3廃車
2003年10月18日 大宮駅にて

カニ24 502

カニ24形500番代は501〜503が国鉄時代に改造され、この3両はJR北海道に承継された。写真の502はもともとマイクロスカートがない車両からの改造。JR東日本のカニ24形500番代と異なり、側面のルーバーは最後まで残っていた。
カニ24 502(札サウ)拡大画像を見る
カニ24 19 昭和51.9新製→カニ24 502 昭和62.3改造→平成27.4廃車
2007年10月19日 尾久駅にて

カニ24 505

マイクロスカートが廃止されている。発電装置を更新したため、屋根上のファンが2基に減少し、側面のルーバーも埋め込まれている。写真の505と507が2016(平成28)年に廃車となってカニ24形500番代は区分消滅した。
カニ24 505(東オク)拡大画像を見る
カニ24 5 昭和49.3新製→カニ24 505 昭和63.3改造→平成28.4廃車
2012年12月24日 黒磯駅にて

カニ24 506

3・1位側を示す。
カニ24 506(東オク)拡大画像を見る
カニ24 8 昭和49.3新製→カニ24 506 昭和62.12改造→平成27.9廃車
2007年11月10日 尾久車両センターにて

カニ24 511

カニ24形100番代を種車とするグループ。
カニ24 511(東オク)
カニ24 115 昭和55.9新製→カニ24 511 平成2.12改造→平成27.4廃車
2004年12月23日 尾久駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る