ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > スヤ61形試験車

スヤ61形試験車


概説

 鉄道労働科学研究所の試験車で、老朽化したオヤ36 2001の代替として1976(昭和51)年にスロフ62 2006を種車として大宮工場で改造された。
 乗務員の労働環境を人間工学的な見地から測定して改善することを目的とした試験車で、車内は種車の座席が撤去されて、実験台、検査台、寝台、乗務員室、ロッカーなどが設置されており、各試験スペースはアコーディオンカーテンで仕切ることができるようになっている。種車の便・洗面所は撤去されている。また、前位側にも幅1,000mmの引戸が新設されたが、片側(1位側)のみで3位側には設置されていない。寝台が設置された部分の窓は埋められているが、その他は種車の面影が残されている。台車はTR52Aで、屋根上に冷房装置(AU13)を5基搭載している。
 品川に配置されたが、国鉄分割民営化直前の1987(昭和62)年に廃車となって形式消滅した。 

スヤ61 2001

スヤ61 2001

スヤ61 2001(南シナ)拡大画像を見る
オハ61 200 昭和27.3改造(ナハフ24363の鋼体化)→オロ61 103 昭和35.8改造→オロフ61 2006 昭和39.10改造→スロフ62 2006 昭和42.10改造→スヤ61 2001 昭和51.10改造→昭和62.2廃車
1989年2月8日 新鶴見操車場跡にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る