ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > EF63形直流電気機関車

EF63形直流電気機関車


概説

 群馬県と長野県との県境、碓氷峠に位置する信越本線横川-軽井沢間は、国鉄幹線路線における最急勾配66.7‰の単線区間で、1892(明治25)年開業以来ラックレールを用いた「アプト式」が採用されており、輸送力に限界があった。昭和30年代になると、老朽化した第三軌条と出力の小さいED42形電気機関車による運転では限界に達し、様々な路線改良案が検討された結果、既設線を利用して複線化し、アプト式に代わって通常の粘着運転とする方式を採用することになった。
 そこで、横軽間における補機として、本務機EF62形と共に新製されたのが本形式である。1962(昭和37)年に試作機EF63 1が川崎車輛で新製され、以後1976(昭和51)年までに総数25両が新製された。
 国鉄では最も軸重が重く、18tとなっている。勾配区間の運転に伴い、電磁吸着ブレーキ、過速度検知装置、ロックシリンダ装置等数多くの安全対策がなされている。EF62形とは重連運転が可能で、上り列車は重連総括運転、下り列車は協調運転を行う。パンタグラフはPS17、台車は両端がDT125、中間がフランジなしの単輪を取付けたDT126となっている。
 幹線輸送の主力は客車列車から電車へと取って代わるようになり、EF63形と電車との協調運転が計画され、協調運転用電車の試作車である165系900番代(後に169系900番代に改番)が登場して試験が行われた。そして、1968(昭和43)年にEF63形の協調運転化改造が行われ、165系900番代の量産車169系が新製されて、1968(昭和43)年より急行「信州・妙高」で協調運転が開始された。
 1969(昭和44)年新製の20号機以降は当初から協調運転機として新製され、1974・76(昭和49・51)年新製の最終増備車22~25はナンバープレートがブロック式に変更されている。
 5・9号機は1975(昭和50)年に事故廃車となったほか、1987(昭和62)年から余剰廃車が開始され、長野新幹線開業による横川-軽井沢間の廃止に伴い、1998(平成10)年までに全車廃車となり形式消滅した。

EF63 1

EF63 1

 EF63形の試作機で、量産機とは内部機器配置等が異なっていたが、1963(昭和38)年に統一改造が行われている。外観上は前面窓上部のヒサシがない点やスカートの形状なども量産機とは異な。その後、蓄電池取出口の大型化、列車無線取替え等各種の改造が行われた。廃車後も高崎第二機関区に保管され、その後塗色は登場当時のぶどう色2号に復元、碓氷峠鉄道文化むらに保存された。
EF63 1(高)
昭和37.5新製 →昭和61.8廃車
1987年4月3日 高崎機関区にて

EF63 15

EF63 2~21

 EF63 形の量産機で、1963~69(昭和38~44)年に新製された。1966・67(昭和41・42)年新製の14~19からは主幹制御器がMC35からMC35Aに変更されるなど一部仕様変更され、さらに1969(昭和44)年新製の20・21は上述の通り当初から協調運転機として新製され、主電動機がMT52からMT52Aに変更されている。
EF63 15(横)
昭和41.3新製→平成10.5廃車
1988年11月19日 軽井沢駅にて

EF63 24

EF63 22~25

 1974・76(昭和49・51)年に新製されたEF63形の最終増備車で、1976(昭和51)年新製の24・25は事故廃車となった5・9の代替として新製された。ナンバープレートがブロック式に変更されたほか、機器類も若干仕様変更されている。
EF63 24(横)
昭和51.7新製→平成10.5廃車
1989年3月5日 横川駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る