ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > E001系「TRAIN SUITE 四季島」

E001系特急形交直流電車(EDC方式=非電化対応)「TRAIN SUITE 四季島」


概説

▼ クリックで展開します

E001-10

E001-1・10

上野方1号車(E001-1)、青森方10号車(E001-10)に連結される制御電動車/ディーゼル動車で、展望車。ハイデッカー構造の展望室部分には大型の窓ガラスを配し、車両中央部に機関室を設けて非電化区間走行用のエンジン(DML57Z-G)を搭載、車両後部に床置式の非電化区間走行用発電機(DM114)を搭載した機械室を設置、床下には補助電源装置(SC116/130kVA)、主変換装置(CI25)を装備している。定員0名だが、展望室にはひとり掛け3脚と、3人掛けの1脚のソファが左右に配置されている。側出入口は設けられていない。台車はヨーダンパを持たないDT83で、冷房装置はAU221を2基搭載している。
E001-10(東オク)拡大画像を見る
平成28.10新製
2017年6月22日 新津駅にて

E001-2

E001-2

2号車に連結される中間電動車/ディーゼル動車で、スイート寝台車。後位側屋根上にパンタグラフ(PS37C)を搭載。床下に主変換装置、主変圧器を搭載しており、電化区間走行時には直接パンタグラフ集電で走行する。スイート個室は3室設置されており、全室シャワーと便所が配置されている。写真は寝台側で、大窓3つが各個室部分。
E001-2(東オク)拡大画像を見る
平成28.9新製
2017年3月19日 会津若松駅にて

E001-3

E001-3

3号車に連結される中間電動車/ディーゼル動車で、スイート寝台車。後位側屋根上にパンタグラフ(PS37C)を、床下に主変換装置を搭載。スイート個室は3室設置。
E001-3(東オク)拡大画像を見る
平成28.9新製
2017年6月22日 新津駅にて

E001-3

E001-8

8号車の中間電動車/ディーゼル動車で、スイート寝台車。後位側屋根上にパンタグラフ(PS37C)を、床下に主変換装置を搭載。定員6名で、後位側には小型の非常口が設置されている。
E001-8(東オク)拡大画像を見る
平成28.9新製
2017年6月22日 新津駅にて

E001-9

E001-9

9号車の中間電動車/ディーゼル動車で、スイート寝台車。後位側屋根上にパンタグラフ(PS37C)を搭載。床下に主変換装置、主変圧器を搭載しており、2号車と同様に電化区間走行時には直接パンタグラフ集電で走行する。定員6名で、2号車と異なり、側出入口は後位側に設置されている。
E001-9(東オク)拡大画像を見る
平成28.9新製
2017年6月22日 新津駅にて

E001-4

E001-4

4号車でスイート寝台車では唯一となる付随車。床下に補助電源装置を2基装備。スイート個室3室中、1室はバリアフリー対応となっている。E001-1~4・8~10の各車が川崎重工製で、アルミ合金車体となっている。
E001-4(東オク)拡大画像を見る
平成28.9新製
2017年3月19日 会津若松駅にて

E001-7

E001-7

7号車として連結される付随車でデラックススイート個室車(「四季島スイート」)。メゾネットタイプとフラットタイプが1室ずつ設置され、両部屋ともバスタブ、シャワー、便所を備える。メゾネットタイプは1階が寝室、2階に掘りごたつ式テーブルが設置されている。フラットタイプは2階建て相当の空間に1室を設けて開放感を演出している。定員4名。側出入口は設けられていない。台車間の低床部分に水タンクや汚水タンクを備える。なお、5~7号車が総合車両製作所横浜事業所製で、車体はステンレス鋼。
E001-7(東オク)拡大画像を見る
平成29.2新製
2017年6月22日 新津駅にて

E001-5

E001-5

5号車として連結される付随車で、ラウンジカー。ダブルデッカーに準じた車体構造を有し、ホテルをイメージして天井を高くすることで旅の高揚感、非日常感を演出し、樹木を思わせる曲面デザインとなっている。中央部には両側にレール方向にずらして開口幅1,500mmの両開きエントランスドアを設け、その部分は黒色に塗装されている。定員0名であるが、18名分の座席が配置されている。台車間の低床部分に水タンクや汚水タンクを備える。
E001-5(東オク)拡大画像を見る
平成29.2新製
2017年3月19日 会津若松駅にて

E001-6

E001-6

6号車として連結される付随車で、ダイニングカー(「DINING しきしま」)。2階建て構造で、ダイニング部分も車端側と中央部で段違いとなっている。モダンに和のテイストを取り入れた内装で、床は大理石。ダイニング中央部にワインセラーを備え、調理室は7号車側に設けている。定員0名だが、座席は18名分となっている。台車間の低床部分に水タンクや汚水タンクを備える。
E001-6(東オク)拡大画像を見る
平成29.2新製
2017年3月19日 会津若松駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る