ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > 815系近郊形交流電車

815系近郊形交流電車


概説

 1999(平成11)10月1日の豊肥本線熊本-肥後大津間の電化開業、および鹿児島本線熊本地区、日豊本線大分地区における423系・457・475系の置換え、ワンマン運転開始に伴い、JR九州により新製された近郊型交流電車。
 門司港方からクモハ815形(Mc)-クハ814形(T'c)の2両編成を基本とし、日立製作所のA-trainシステムが採用され、車体はダブルスキン構造のアルミ合金製、客用扉は片側3箇所両開き扉となっている。車体デザインは他のJR九州の新製車と同様にドーンデザイン研究所(水戸岡鋭治)による。側窓は固定式で、UVカットガラスが採用され、遮光カーテンは取り付けられていない。
 台車は軽量ボルスタレス台車のDT404K(Mc)、TR404K(T'c)で、813系と異なりヨーダンパは準備工事のみとなっている。制御装置はJR九州として初めてPWMコンバータ+VVVFインバータ制御方式を採用し、主回路のインバータ素子はIGBTとなっている。ブレーキ方式は回生ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキである。また、JR九州の電車では初めてワンハンドルマスコンおよびシングルアーム式パンタグラフ(PS401K)が採用されている。
 客室内はセパレート型のオールロングシートで、室内設備はユニット化されている。便所は車椅子対応のものがT'c車に設けられている。また、車内収受式ワンマン運転を行うため、運賃箱、運賃表示器等、必要な機器が設置された(後に駅収受式に変更)。
 2両編成26本計52両が新製されたが、クモハ815-15・クハ814-15は後にクモハ815-27・クハ814-27に改番されている。また、2001(平成13年)にグッドデザイン賞およびブルネル賞を受賞した。なお、クモハ815-7~10+クハ816-7~10の8両は豊肥本線高速鉄道保有(株)が保有する。
 2001~3(平成13~15)年には改良工事が施工され、スカートが強化型に変更された。
 現在は鹿児島本線鳥栖-八代間、豊肥本線熊本-肥後大津間、日豊本線中津-佐伯間で運用されている。

クモハ815-2

クモハ815-1~14・16~27

制御電動車(Mc)で、主変圧器(TM406K)および主変換装置(PC402K)等の交流機器と後位側にパンタグラフ(PS401K)を装備する。26のみ小倉工場で新製された。
クモハ815-2(熊クマ)拡大画像を見る
平成11.6新製→平成14.1改良工事
2010年5月29日 熊本駅にて

クモハ815-20

写真は1・3位側を示す。
クモハ815-20(分オイ)拡大画像を見る
平成11.6新製→平成13.8改良工事
2010年5月27日 大分駅(引上線)にて

クハ814-3

クハ814-1~14・16~27

制御車(T'c)で、CPおよびSIVを装備し、後位側に車椅子対応トイレおよび車椅子スペースを備える。定員133名。26のみ小倉工場で新製された。
クハ814-3(熊クマ)拡大画像を見る
平成11.6新製→平成14.9改良工事
2010年5月28日 鳥栖駅にて

クハ814-3

写真は2・4位側を示す。
クハ814-20(分オイ)拡大画像を見る
平成11.6新製→平成13.8改良工事
2010年5月27日 大分駅(引上線)にて

クモハ815-3車内

クモハ815形客室内

クモハ815-3拡大画像を見る
2010年5月28日

クハ814-3車内

クハ814形客室内

クハ814-3拡大画像を見る
2010年5月28日

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る