ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > 733系通勤形交流電車

733系通勤形交流電車


概説

 JR北海道では、2012(平成24)年6月に札沼線(学園都市線)桑園-北海道医療大学間を電化開業することになった。
 それに先駆けて2010(平成22)年にはアルミ合金車体を酷寒地で検証するために735系通勤形交流電車3両編成2本を試作して各種試験を行ってきたが、2012(平成24)年に新製された本系列は721系、731系で実績のあるステンレス鋼となった。
 編成は旭川方からクハ733形100番代(Tc1)-モハ733形100番代(M)-クハ733形200番代(Tc2)の3両を基本とし、性能は731系、735系に準じており、721・731・735系との併結も可能である。
 車体は前述のとおりステンレス製で、前面は731系や735系と同様に高運転台で、この部分だけ鋼製である。車体幅は731系、735系よりも92mm拡大して2892mmとして定員の拡大が図られた。側客用扉は片側3ヵ所、片開き式で、幅は731系と同様である。側窓は固定式で、外側にポリカーボネート、内側を強化ガラスとしている。
 床下機器は着雪防止のためカバーで覆われ、制御装置はIGBT-VVVFインバータ制御で、ブレーキ方式は回生ブレーキ(前電気式)併用電気指令式、最高速度は120km/hである。
 2012年度中に3両編成12本が新製される予定で、721・731・735系と共通運用で札幌圏の列車に運用されている。

モハ733-106

モハ733-101~112

パンタグラフ、主回路機器を集中搭載する中間電動車(M)で、制御装置は101~108がN-CI-733-1(日立製)、109~112がN-CI-733-2(三菱製)、主変圧器は101~108がN-TM-133-1-AN(三菱製)、109~112はN-TM-133-2-AN(東芝製)を搭載する。パンタグラフはN-PS785、台車はN-DT733。定員154(座席52)名。
モハ733-106(札サウ)拡大画像を見る
平成24.5新製
2012年7月30日 苫小牧駅にて

クハ733-106

クハ733-101~112

滝川・苫小牧方の制御車(Tc1)で、4位側に車椅子対応便所を、3位側に車椅子スペース設置している。台車はN-TR733、定員139(座席46)名。
クハ733-106(札サウ)拡大画像を見る
平成24.5新製
2012年7月30日 苫小牧駅にて

クハ733-201~212

小樽・北海道医療大学方の制御車(Tc2)で、SIV、CPを搭載している。定員146(座席50)名。

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る