ITRENINET 鉄道車両形式写真集

国鉄・JRの車両を中心に、形式写真を紹介するサイトです。

ホーム > 国鉄・JR形式写真 > 383系特急形直流電車

383系特急形直流電車


概説

▼ クリックで展開します
クモハ383-1

クモハ383-1~17

すべての編成の名古屋方先頭車(基本編成では6号車)として連結される制御電動車(Mc)で、VVVFインバータ制御装置(C-SC35・CーSC35C)を搭載する。また、後位側にパンタグラフ(C-PS27)を搭載する。貫通形で、基本的に自由席車として運用されるため、側出入口は片側2ヵ所である。台車はC-DT61・C-DT61A、定員60名。
写真は量産先行車。
クモハ383-1(海シン)拡大画像を見る
平成6.8新製
2013年3月13日 名古屋駅にて

クモハ383-10

量産車。量産先行車とは、前位側引戸右側のビードが1つ省略されているなど微細な違いがある。
クモハ383-10(海シン)拡大画像を見る
平成8.9新製
2017年8月26日 信濃大町駅にて

クモハ383-11

量産車。2・4位側を示す。
クモハ383-11(海シン)拡大画像を見る
平成8.9新製
2017年9月16日 信濃大町駅にて

モハ383-1

モハ383-1~12

基本編成と4両編成に連結される中間電動車(M1)で、基本編成では2号車となる。VVVFインバータ制御装置(C-SC35・CーSC35A)、屋根上にパンタグラフ(C-PS27)を搭載する。基本的に指定席車として運用されるが、側出入口は片側2ヵ所である。前位に車販準備室、1位側に公衆電話が設置されている。前位側1ヵ所(1位側)の座席は車椅子対応のため1人掛けであり、前位側出入口は幅広となっている。定員59名。写真は量産先行車で、2・4位側を示す。
モハ383-1(海シン)拡大画像を見る
平成6.8新製
2013年3月13日 名古屋駅にて

モハ383-10

写真は量産車。量産先行車と床下機器がやや異なる。
モハ383-10(海シン)拡大画像を見る
平成8.9新製
2017年8月26日 信濃大町駅にて

モハ383-1

写真は3・1位側を示す。
モハ383-11(海シン)拡大画像を見る
平成8.9新製
2017年9月16日 信濃大町駅にて

モハ383-101

モハ383-101~109

6両編成のみ、4号車として連結される中間電動車(M2)で、VVVFインバータ制御装置(C-SC35・CーSC35C)、屋根上にパンタグラフ(C-PS27)を搭載する。基本的に指定席車として運用され、側出入口は前位の片側1ヵ所のみ。3位側に飲料自動販売機が設置されている。定員68名。写真は量産先行車で、2・4位側を示す。
モハ383-101(海シン)拡大画像を見る
平成6.8新製
2013年3月13日 名古屋駅にて

クロ383-5

クロ383-1~9

長野方1号車として連結されるグリーン制御車(Tsc)で、床下にSIV(C-SC36)を搭載する。前面窓は大型の3次元曲面ガラスとなっている。3位側に車椅子対応大型便所と男子用小便所、4位側に多目的室と洗面所が設置されている。台車はC-TR245A量産先行車はC-TR245で落成)、定員44名。
クロ383-5(海シン)拡大画像を見る
平成8.7新製
2013年3月13日 名古屋駅にて

クロ383-101

クロ383-1~9

4両編成の長野方に連結されるグリーン制御車(Tsc2)で、定員は0番代に合わせた44名であるが、貫通形の非パノラマ仕様となっている。
クロ383-101(海シン)拡大画像を見る
平成8.9新製
2017年8月26日 信濃大町駅にて

写真はありません

クハ383-1~5

2両編成の長野方にのみ連結される制御車(Tc)で、貫通形。便所付。定員52名。

サハ383-1

サハ383-1~9

基本編成にのみ連結される付随車(T1)で、3号車となる。基本的に指定席車として運用され、側出入口は前位の片側1ヵ所のみ。3位側に和式便所、4位側に洗面所と男子用小便所が設置されている。定員64名。写真は量産先行車で、2・4位側を示す。
サハ383-1(海シン)拡大画像を見る
平成6.8新製
2013年3月13日 名古屋駅にて

サハ383-4

写真は量産車。量産先行車と床下機器配置がやや異なる。
サハ383-4(海シン)拡大画像を見る
平成8.6新製
2013年3月20日 名古屋駅にて

サハ383-7

3・1位側を示す。
サハ383-7(海シン)拡大画像を見る
平成8.7新製
2016年3月5日 京都駅にて

サハ383-105

サハ383-101~112

基本編成(5号車)と4両編成に連結される付随車(T2)で、床下にSIV(C-SC36)を搭載する。基本的に自由席車として運用され、側出入口は片側2ヵ所設置されている。3位側に洋式便所、4位側に洗面所と男子用小便所が設置されている。定員60名。
写真は量産車で、2・4位側を示す。
サハ383-105(海シン)拡大画像を見る
平成8.7新製
2013年3月13日 名古屋駅にて

サハ383-111

1・3位側を示す。
サハ383-111(海シン)拡大画像を見る
平成8.9新製
2017年9月16日 信濃大町駅にて

サイト内検索

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る