ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > クモハ125形近郊形直流電車

クモハ125形近郊形直流電車


概説

 2003(平成15)年3月15日の小浜線電化開業に伴ってJR西日本が新製した近郊形電車で、2002(平成14)年にクモハ125-1~8の8両が新製された。
 すでに同社のアーバンネットワークで活躍している223系を基本とし、地方線区の輸送量に見合うよう1M方式の両運転台形としている。台車は電動台車のWDT59Aと付随台車のWTR243Bとし、主電動機は220kwの3相かご型誘導電動機、制御装置はPWMインバータ制御方式となっている。補助電源装置は120kVAのSIVを2台装備している。冷房装置はWAU705A。
 車体は223系と同様のステンレス製で、扉は片側2ヵ所であるが、中央部には将来の扉増設に備えて準備工事がなされている。ワンマン運転を行うため、客室内には整理券発行機、運賃表示器、運賃箱が設けられ、車体側面には乗降口表示器が取り付けられている。座席は片側2人掛と1人掛の転換クロスシートが通路を挟んで配置され、車端部は前位側がロングシート、後位側には便所と車椅子スペースが設けられた。定員は114(座席31)名。
 集電装置は後位側にシングルアーム式パンタグラフを1基搭載、7・8は霜取り用に前位側にもう1基搭載している。
 福知山に配置され、小浜線敦賀-東舞鶴間を中心に運用を開始したが、着席率の向上を図るため2003(平成15)年11月から2004(平成16)年1月までに座席を増設して46席とする改造が行われている。
 2004(平成16)年12月19日電化開業の加古川線にもクモハ125-9~12の4両が増備されることになった。加古川線用の増備車はスカートが強化型に、冷房装置はオゾン破壊係数0の冷媒を使用したWAU705Bに、窓ガラスのクリーンガラス化などの変更がなされている。11・12は霜取り用のパンタグラフも搭載している。

クモハ125-7

クモハ125-1~12

7・8、11・12のみパンタグラフを2基搭載している。
クモハ125-7(福フチ)拡大画像を見る
平成14.12新製
2003年7月19日 敦賀駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る