ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > E127系一般形直流電車

E127系一般形直流電車


メニュー

各番代の形式写真ページは下記のリンクをクリックしてください。

0番代概説

 JR東日本新潟地区では、一部の普通列車に国鉄から承継された165系急行形直流電車が使用されていた。しかし、老朽化が進んでいたことと、デッキ付2扉クロスシートであるため、通勤通学時間帯に混雑して列車遅延の原因となったいることから、同系列の置換を目的に1995・96(平成7・ 8)年に新製されたのがE127系0番代である。
 E127系はMcT'cの2両編成を基本としており、車体は209系に準じてステンレス製で、前面は一体型形状のFRP製オオイを使用した貫通形。側出入口は押ボタン式による半自動対応の片側3箇所の両開き扉となっている。側窓は扉間に4連窓を配し、4連窓の中央2箇所のみが開閉可能(一段下降式)で、他は固定窓である。車体には緑色の濃淡(青磁グリーン+グラスグリーン)の帯を配している。客室内はロングシートで、T'c車に便所が設置されている。また、ワンマン運転に対応するため、乗務員室は半室構造で、運賃箱、運賃表示器等、各種ワンマン対応機器が設置されている。
 主回路システムはVVVFインバータ制御で、主電動機は120kWのMT71、冷房装置は屋根上にAU720A-G2を各車1基搭載する。また、発電ブレーキ用の抵抗器をMc車の屋根上に搭載している。台車はDT61A、TR246Aとなっている。パンタグラフは下枠交差式のPS30となっている。
 1995(平成7)年に1次車6編成が川崎重工で新製され、同年5月より営業運転を開始。1996(平成8)年に2次車7編成が増備されたが、こちらはラストの2編成のみ東急車輛製であり、仕様が一部異なっている。川重で製造されたものは、車体構造が一体プレス成形された内板を使用した2シート構造、東急製は従来通りの骨組工法である。また、内装材についてもメーカーにより異なっている。
 13編成26両が新潟に在籍しているが、北陸新幹線開業に伴う、並行在来線のjrからの経営分離により、新潟地区の路線を引き継ぐえちごトキめき鉄道に10編成20両の譲渡が予定されている。

100番代概説

 0番代に続いて、長野地区の169系の置換用として、1998(平成10)年に新製されたグループで、パンタグラフの変更、砂まき装置の設置等、0番代とは仕様が異なることから100番代と区分された。
 車体は前面構造を701系交流電車と同一の縁部分のみをFRPとするものに変更された。T'c車の便所は車椅子対応の大型のものとなり、2位側に設置された。便所部分の扉間の側窓は従来通り4連タイプであるが、開閉部分は一段下降窓から701系と同じ上段下降、下段固定式の二段窓に変更された。車体帯色はアルパインブルーとリフレッシュグリーンとなっている。
 客室内は座席がロングシートからセミクロスシートに変更され、大糸線で北アルプス側となる山側がクロスシート、反対側がロングシートとなっている。 
 主要機器については0番代と同一であるが、主制御器はSC51から一部変更したSC51Aとなり、便所の移設に伴いT'c車の床下機器配置が変更されている。パンタグラフはシングルアーム式のPS34に変更、T'c車の一部(クハE126-111・112)にも霜取り用パンタグラフが設置されている。冷房装置は一部部品が変更されてAU720A-G4となり、前面・側面の行先表示器はLED化された。 
 1998(平成10)年12月8日ダイヤ改正で運用を開始した。2006・08(平成18・20)年にはクハE126-107~110にも霜取りパンタグラフが増設されている。 
 なお、100番代についても101~108が川重、109・110が土崎、111・112が東急製であり、車体、客室内の仕様が異なっている。
 松本に配置され、大糸線松本-南小谷間、中央本線・篠ノ井線・信越本線((茅野-長野間、辰野支線)で使用されている。
(各写真をクリックすると、大きめの画像が表示されます)

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る