ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > 701系通勤形交流電車 > 1500番代

701系通勤形交流電車|1500番代


概説

 1000番代の増備車で、仙台地区の715系1000番代置換用として登場した。1998(平成10)年にMc+T'cの2両編成7本が川崎重工および土崎工場で製造されて715系を置換えた後、2000(平成12)年に1000番代からの改造編入車1編成2両が加わり、2001(平成13)年に2次車として2両編成10本が川崎重工で製造されて総勢18本36両となった。
 1000番代を基本として、インバータ部はパワートランジスタ素子を使用しているが、主変換装置のコンバータ部が混合ブリッジサイリスタ位相制御方式からIGBT素子を使用したものに変更された。この変更によりブレーキ方式が回生ブレーキに変更され、Mc車屋根上のブレーキ抵抗器が廃止された。
2000(平成12)年に1000番代(クモハ701-1033+クハ700-1033)から改造編入された2両は、青森駅構内での高潮による浸水事故によるもので、川崎重工で1500番代に準じた仕様に修繕されてクモハ701-1508+クハ700-1508となった。
 2001(平成13)年増備の2次車は行先表示器がLED式に変更(後に1次車も順次取替)され、T'c車の便所が車椅子対応の大型のものとなって2位側に設置された。
 全車仙台に所属しており、車体の帯色は1000番代の仙台支社所属車と同様で、運用も1001000番代および後に登場したE721系のワンマン対応車と共通である。
 2002(平成14)年からは機器更新が開始され、 2015(平成27)年までに完了した。
 なお、青い森鉄道とIGRいわて銀河鉄道では、JRからの譲受車とは別に新製車が2002(平成14)年に用意されたが、これら(青い森701-101+青い森700-101、IGR7001-101~103+IGR7000-101~103)は一部仕様が異なるものの701系1500番代と同型車である。

クモハ701-1506

クモハ701-1501~1518

制御電動車(Mc)。VVVFインバータ制御はIGBTとなり、主変換装置はCI10となった。(1508以降はCI10Aに変更)また、発電ブレーキから回生ブレーキへと変更されたため、屋根上のブレーキ抵抗器が新製時よりなくなっている。すべてワンマン運転に対応している。写真は機器更新前のもの。台車はDT61A。定員135(座席54)名。
クモハ701-1506(仙セン)拡大画像を見る
平成10.2新製→平成25.4機器更新
2007年3月17日 原ノ町駅にて

クモハ701-1506

機器更新前の1・3位側を示す。
クモハ701-1506(仙セン)拡大画像を見る
2007年3月17日 原ノ町駅にて

クモハ701-1510

機器更新車。主変換装置がCI19に、主変圧器がTM32に変更された。
クモハ701-1510(仙セン)拡大画像を見る
平成13.2新製→平成26.10機器更新
2016年4月21日 福島駅にて

クモハ701-1503

機器更新車の1・3位側を示す。
クモハ701-1503(仙セン)拡大画像を見る
平成10.2新製→平成25.2機器更新
2016年4月21日 福島駅にて

クハ700-1506

クハ700-1501~1508

1次車の制御車(T'c)で、便所は3位側に設置されている。台車はTR246A。定員133(座席48)名。
クハ700-1506(仙セン)拡大画像を見る
平成10.2新製
2007年3月17日 原ノ町駅にて

クハ700-1509

クハ700-1509~1518

2次車の制御車(T'c)で、2位側に車椅子対応の大型便所が設置されたため、定員が126名に減少した。
クハ700-1509(仙セン)拡大画像を見る
平成13.2新製
2014年4月20日 福島駅にて

クハ700-1513

1・3位側を示す。
クハ700-1513(仙セン)拡大画像を見る
平成13.2新製
2016年4月10日 郡山駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る