ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > 701系通勤形交流電車 > 0番代

701系通勤形交流電車|0番代


概説

▼ クリックで展開します
クモハ701-1

クモハ701-1~38

制御電動車(Mc)で、青森方に連結される。床下に主変換装置(CI 1)、主変圧器(TM26)などを搭載する。補助電源装置は電動発電機(MG)。屋根上には前位寄りに発電ブレーキ用のブレーキ抵抗器と、後位寄りにパンタグラフのほか特高圧機器類を搭載する。台車はDT61A。定員135(座席54)名。
写真は後年の改造後のもので、パンタグラフはシングルアーム化(PS109)、スカートが強化形となり、機器更新により主変換装置はIGBTのCI19に、主変圧器はTM32Aに変更、回生ブレーキへの変更に伴い、屋根上のブレーキ抵抗器が撤去されている。
1〜13は非ワンマン車で、車外スピーカは準備工事のみとなっている。
クモハ701-1(秋アキ)拡大画像を見る
平成5.3新製→平成--.--機器更新
2016年11月6日 秋田駅にて

クモハ701-20

2両編成の14〜38はワンマン対応車で、外観上では出入口表示器と車外スピーカが目立つ。
クモハ701-20(秋アキ)拡大画像を見る
平成5.5新製→平成23.12機器更新
2013年8月24日 大館駅にて

クハ700-1

クハ700-1~38

制御車(T'c)で、酒田、新庄方に連結される。空気圧縮機(CP)を搭載する。台車はTR246A。定員133(座席48)名。
クハ700-1(秋アキ)拡大画像を見る
平成5.3新製
2016年11月6日 秋田駅にて

クハ700-14

2両編成の14〜38はワンマン対応車。このうちN36〜38編成のクハ700-36〜38は2000(平成12)年にセミクロスシート化され、同編成は秋田-新庄間の限定運用となっている。
クハ700-14(秋アキ)拡大画像を見る
平成5.3新製
2016年11月5日 秋田駅にて

サハ701-1

サハ701-1~13

3両編成の編成中間に連結される付随車(T)で、定員146(座席60)名。台車はTR246A。
サハ701-1(秋アキ)拡大画像を見る
平成5.3新製
2016年11月6日 秋田駅にて

サハ701-5

1・3位側を示す。
サハ701-5(秋アキ)拡大画像を見る
平成5.3新製
2013年8月24日 大館駅にて

サイト内検索

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る