ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > 651系特急形交直流電車 > 0番代

651系特急形交直流電車|0番代


モハ651-8

モハ651-1~18

中間電動車(M)で、モハ650形0番代とユニットを組む。常磐線特急では基本編成の6号車、付属編成の10号車に連結。前位側に便・洗面所、公衆電話(後に撤去)が設置されている。定員64名。
モハ651-8(水カツ)拡大画像を見る
平成1.2新製
2013年2月2日 いわき駅にて

モハ651-3

3・1位側を示す。
モハ651-3(水カツ)拡大画像を見る
平成1.2製
2014年7月3日 尾久駅にて

モハ651-107

モハ651-101~109

中間電動車(M1)で、モハ650形100番代とユニットを組む。常磐線特急では基本編成の3号車に連結。前位側に便・洗面所、後位側に多目的室が設置されている。定員58名。車椅子対応のため、前位側の側引戸幅が拡大されている。定員58名。
モハ651-107(水カツ)拡大画像を見る
平成2.2新製→モハ651-1104 平成25.11改造
2013年2月2日 いわき駅にて

モハ651-103

1・3位側を示す。
モハ651-103(水カツ)拡大画像を見る
平成1.2製
2016年7月31日 勝田駅にて

モハ650-8

モハ650-1~18

パンタグラフ(PS26)付きの中間電動車(M')で、モハ651形0番代とユニットを組む。交流機器を搭載しており、主変圧器はTM24、主整流器はRS51となっている。常磐線特急では基本編成の5号車、付属編成の9号車に連結された。定員68名。
モハ650-8(水カツ)拡大画像を見る
平成1.2新製
2013年2月2日 いわき駅にて

モハ650-3

1・3位側を示す。
モハ650-3(水カツ)拡大画像を見る
平成1.2新製
2014年7月3日 尾久駅にて

モハ650-104

モハ650-101~109

パンタグラフ(PS26)付きの中間電動車(M'1)で、モハ651形100番代とユニットを組む。モハ650形0番代と同様に交流機器を搭載しているが、客室前位寄りに荷物置場、前位寄車端部に車販準備室と飲料自販機を設置している。定員64名。
モハ650-104(水カツ)拡大画像を見る
平成1.1新製→モハ650-1102 平成26.3改造
2012年3月10日 いわき駅にて

モハ650-103

3・1位側を示す。
モハ650-103(水カツ)拡大画像を見る
平成1.2新製
2014年7月3日 尾久駅にて

クハ651-4

クハ651-1~9

奇数向(仙台方)制御車(Tc)で、MG・CPを搭載している。基本編成の7号車に連結される。定員56名。写真は1次車で、前面スカートの切り欠きが直線状であり、2次車以降と異なっている。
クハ651-4(水カツ)拡大画像を見る
平成1.2新製→クハ651-1002 平成26.3改造
2012年3月10日 いわき駅にて

クハ651-9

1992(平成4)年に新製された9は3次車で、前面ワイパー下にカバーが取り付けられるなど仕様が異なっている。
クハ651-9(水カツ)拡大画像を見る
平成4.1新製→クハ651-1006 平成25.10改造
2012年3月10日 水戸駅にて

クハ651-103

クハ651-101~109

奇数向(仙台方)制御車(Tc1)で、MG・CPを搭載しないため100番代に区分される。常磐線特急では付属編成の11号車に連結される。定員56名。
クハ651-103(水カツ)拡大画像を見る
平成1.2新製
2013年2月2日 いわき駅にて

クハ651-101

1・3位側を示す。
クハ651-101(水カツ)拡大画像を見る
平成1.2新製
2008年1月5日 水戸駅にて

クハ651-109

1992(平成4)年に新製された109は3次車で、前面ワイパー下にカバーが取り付けられるなど仕様が異なっている。
クハ651-109(水カツ)拡大画像を見る
平成4.1新製→クハ651-1103 平成26.3改造
2007年3月17日 原ノ町駅にて

クハ650-11

クハ650-1~18

偶数向(上野方)制御車(Tc')で、MG・CPを搭載する。常磐線特急では基本編成の1号車と付属編成の8号車に連結される。後位側に便・洗面所と電話コーナーを設置しており、定員は52名。
クハ650-11(水カツ)拡大画像を見る
平成2.2新製
2008年12月30日 勝田にて

クハ650-17

2・4位側を示す。 1992(平成4)年に新製された17・18は3次車で、前面ワイパー下にカバーが取り付けられるなど仕様が異なっている。
クハ650-17(水カツ)拡大画像を見る
平成4.1新製→クハ650-1006→平成25.10改造
2013年2月2日 常陸多賀駅にて

サロ651-7

サロ651-1~9

グリーン車(Ts)で、基本編成の4号車に連結される。側出入口は前位寄に1ヵ所設けられている。客室内の座席は海側2+山側1の3列配置で、製造当初の定員は33名。両端に荷物置き場を設置、前位寄には車掌室と業務用室を設置、前位車端に便・洗面所、公衆電話を設置している。(公衆電話は後に廃止)喫煙席と禁煙席の間は仕切りが設けられていたが、2000(平成12)年12月ダイヤ改正においてグリーン車の部分禁煙は廃止され、仕切りも撤去された。また、衛星放送受信サービスは、当初は準備工事のみで後に受信サービスを開始したが、その後休止期間を経て液晶モニタは撤去された。さらに、2004(平成16)年に座席を増設し、定員36名となった。
サロ651-7(水カツ)拡大画像を見る
平成2.2新製→サロ651-1004→平成25.11改造
2013年2月2日 いわき駅にて

サロ651-5

3・1位側を示す。
サロ651-5(水カツ)拡大画像を見る
平成1.2新製
2016年7月31日 勝田駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る