ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > 253系特急形直流電車 > 0番代

253系特急形直流電車|0番代


概説

「成田エクスプレス」用253系の基本番代グループ。2010(平成22)年までに全車廃車となった。

クモハ252-7

クモハ252-1~21

制御電動車(M'c)で、SIVとCPを搭載。定員48名。
クモハ252-7(横クラ)拡大画像を見る
平成3.1新製→平成22.7廃車
2004年5月3日 大宮駅にて

モハ253-18

モハ253-1~21

主制御器、パンタグラフ(PS26)を装備する中間電動車(M)で、定員48名。前位寄りに洋式便所、男子便所、洗面所、電話室、自動販売機が設置されている。
モハ253-18(横クラ)
平成5.3新製→平成22.4廃車
2005年6月11日 佐倉駅にて

モハ253-106

モハ253-101~112

モハ253形0番代と違い、車椅子スペースを一般座席、洋式便所を和式としたもの。定員48名。
モハ253-106(横クラ)
平成5.3新製→平成22.8廃車
2003年3月15日 新宿駅にて

モハ252-2

モハ252-1~12

1993(平成5)年の6連化に伴い新製された中間電動車(M')で、モハ253形100番代とユニットを組む。MGとSIVを搭載。定員56名。
モハ252-2(横クラ)
平成5.3新製→平成22.9廃車
2005年6月19日 佐倉駅にて

クロ253-6

クロ253-1~11

Tsc車で、本グループは開放室の座席配置が1+1となっている。運転室と出入台の間に4人用個室を1室設けている。定員24名。なお、2002~04(平成14~16)年に定員増を図るため開放室は1+2の座席配置に変更されて定員32名となった。
クロ253-6(横クラ)→平成22.8廃車
平成3.1新製
2003年3月15日 新宿駅にて

クロ253-101

クロ253-101~110

Tsc車で、本グループは開放室の座席配置が1+2と1+1の交互となっている。定員24名。運転室と出入台の間に4人用個室を1室設けている。なお、102~110は2003(平成15)年に半室普通車化されてクロハ253-1~9となり、101のみ開放室は1+2の座席配置に変更されて定員32名となった。
クロ253-101(横クラ) 平成3.1新製→平成22.5廃車
2006年4月19日 新宿駅にて

クロハ253-6

クロハ253-1~9

上述の通り2003(平成15)年にクロ253形100番代(102~110)を種車として半室普通車化改造したもの。普通座席は200番代と同様に2+2で回転リクライニングシートになった。定員40名(うちグリーン個室4名)。
クロハ253-6(横クラ)
クロ253-107 平成3.3新製→クロハ253-6 平成15.8改造→平成22.4廃車
2005年6月11日 佐倉駅にて

サハ253-2

サハ253-1~12

付随車(T)で、定員はモハ252形と同様に56名となっている。
サハ253-2(横クラ)
平成5.3新製→平成22.9廃車
2005年6月19日 佐倉駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る