HOME > 国鉄・JR形式写真館 > 205系通勤形直流電車 > 0番代(量産先行車)

205系通勤形直流電車|0番代(量産先行車)


概説

 1985(昭和60)年に山手線に投入された量産先行車で、側窓が2段窓である。10両編成4本の計40両が新製されたが、のちにサハ204形を10号車に組み込んで11両化された。
 2005(平成17)年に帯色を黄緑6号から赤14号に変更、10両編成に戻って全車京葉線に転出されたが、後継車両E233系5000番代の増備に伴って、2012(平成24)年までに全車廃車となった。

モハ205-11

モハ205-1~12

主制御器・主抵抗器、パンタグラフ(PS21)を搭載する中間電動車(M)で、モハ204形とユニットを組む。
モハ205-11(千ケヨ)拡大画像を見る
昭和60.3新製→平成24.2廃車
2007年10月14日 蘇我駅にて

モハ205-10

1・3位側を示す。
モハ205-10(千ケヨ)拡大画像を見る
昭和60.3新製→平成24.2廃車
2006年6月17日 蘇我駅にて

モハ204-6

モハ204-1~12

MG・CPを搭載する中間電動車で、モハ205形とユニットを組む。台車はDT50、定員144(座席54)名。2・5・8・11はMGを撤去している。写真は4・2位側で、山手線時代のオリジナルの姿。
モハ204-6(東ヤテ)拡大画像を見る
昭和60.2新製→平成23.4廃車
1989年7月19日 中野駅にて

モハ204-10

写真は1・3位側を示す。
モハ204-10(千ケヨ)
昭和60.3新製→平成24.2廃車
2006年6月17日 蘇我駅にて

モハ204-12

写真は2・4位側を示す。
モハ204-12(千ケヨ)拡大画像を見る
昭和60.3新製→平成24.2廃車
2007年10月14日 蘇我駅にて

モハ204-11

モハ204-2・5・8・11はMGを撤去している。
モハ204-11(千ケヨ)拡大画像を見る
昭和60.3新製→平成24.2廃車
2007年10月14日 蘇我駅にて

クハ205-2

クハ205-1~4

奇数向制御車。205系ではATC機器を床下に搭載したため、乗務員室と客室の間の仕切には窓を設置している。台車はTR235、定員136(座席48)名。
クハ205-2(東ヤテ)拡大画像を見る
昭和60.2新製→平成23.3廃車
1989年7月19日 中野駅にて

クハ205-3

1996・97(平成8・9)年に前面にスカートが取付けられた。また、山手線から京葉線に活躍の場を移し、帯色が変更された。
クハ205-3(千ケヨ)拡大画像を見る
昭和60.2新製→平成24.1廃車
2011年2月12日 海浜幕張駅にて

クハ204-4

クハ204-1~4

偶数向制御車。
クハ204-4(千ケヨ)拡大画像を見る
昭和60.3新製→平成24.2廃車
2007年10月14日 蘇我駅にて

クハ204-4

写真は2・4位側を示す。
クハ204-4(千ケヨ)拡大画像を見る
昭和60.3新製→平成24.2廃車
2006年6月17日 蘇我駅にて

サハ205-3

サハ205-1~8

付随車。台車はTR235、定員144(座席54)名。写真は4・2位側を示す。
サハ205-3(東ヤテ)拡大画像を見る
昭和60.2新製→平成23.3廃車
1989年7月19日 中野駅にて

サハ205-7

サハ205-7(千ケヨ)拡大画像を見る
昭和60.3新製→平成24.2廃車
2007年10月14日 蘇我駅にて

サハ205-7

写真は1・3位側を示す。
サハ205-7(千ケヨ)
昭和60.3新製→平成24.2廃車
2007年10月14日 蘇我駅にて