183系特急形直流電車|1000番代


概説

 上越線の特急「とき」に使用されていた181系は老朽化しており、1973・74(昭和48・49)年の豪雪で故障が多発して問題となった。上越新幹線の開業まで181系のみで運行するのは困難であると判断し、1974(昭和49)年から急遽新製された耐寒・耐雪構造車が1000番代グループである。機器配置の見直し、凍結防止対策がなされ、Tc車には雪切室を設置、非貫通形となっている。181系と異なり、食堂車は存在しない。1975(昭和50)年には田町区の157系置換用として183系1000番代が新製され、季節特急の「白根」および「あまぎ」に使用された。一方、新潟運転所の183系1000番代は上越新幹線大宮暫定開業時の「とき」廃止に伴い、幕張と長野に転属した。房総特急へ転用されたTc車はATC取付け改造が行われている。田町区の車両は、153系置換用185系の登場後も185系と共に運用され、1981(昭和56)年に「あまぎ」と「伊豆」を統合した特急「踊り子」として1985(昭和60)年まで運転された。

モハ183-1001

モハ183-1001~1058

0番代と異なり、パンタグラフを搭載しない。AU13EN形冷房装置を5基搭載、台車はDT32I、定員は68名。
モハ183-1001(長モト)拡大画像を見る
昭和49.12新製
1990年5月4日 甲府駅にて

モハ183-1054

モハ183形1000番代(グレードアップ車)

「あずさ」用グレードアップ改造車で、1987~90(昭和62~平成2)年にかけて1002・1012・1019・1026・1028・1031・1032・1037・1039・1042・1045・1049・1052・1054・1055・1057の16両が改造された。
モハ183-1054(長ナノ)拡大画像を見る
昭和53.8新製
2014年8月9日 甲府駅にて

モハ182-1001

モハ182-1001~1058

モハ183-1001~とユニットを組むM'車で、PS16J形パンタグラフを2基搭載。冷房装置はAU71A(1039~はAU71B)。台車はDT32I、定員68名。
モハ182-1001(長モト)拡大画像を見る
昭和49.12新製
1990年5月4日 甲府駅にて

モハ182-1015

写真は旧「あずさ」色で幕張に所属して波動用として使用されているもので、後位側パンタグラフが撤去されている。
モハ182-1015(千マリ)拡大画像を見る
昭和50.9新製
2008年6月21日 成田駅にて

モハ182-1042

モハ182形1000番代(グレードアップ車)

「あずさ」用グレードアップ改造車で、1987~90(昭和62~平成2)年にかけて1002・1012・1019・1026・1028・1031・1032・1037・1039・1042・1045・1049・1052・1054・1055・1057の16両が改造された。
モハ182-1042(宮オオ)拡大画像を見る
昭和53.5新製
2008年4月26日 安食駅にて

クハ183-1023

クハ183-1001~1032

183系1000番代のTc車で、前面は非貫通。210kVAのMGとCPを床下に搭載、定員56名。
クハ183-1023(南チタ)拡大画像を見る
昭和50.12新製
1985年2月10日 東京駅にて

クハ183-1011

クハ183形1000番代(グレードアップ改造車)

「あずさ」用グレードアップ改造車で、本グループからは1987・88(昭和62・63)年にかけて1001・1009・1011・1023の4両が改造された。前面の特急マークはグレードアップ改造時に撤去されている。
クハ183-1011(千マリ) 拡大画像を見る
昭和50.9新製→昭和62.12グレードアップ改造
2006年6月3日 佐倉駅にて

クハ183-1503

クハ183形1501~1506

クハ183-1000番代を基本としてATC機器を搭載した車両で、「とき」の廃止に伴う房総特急への転用に伴い、先行増備車として新製された。ATC機器搭載に伴い、2位側(写真反対側)の窓配置が1001~とは異なっている。定員は2名減り、54名となっている。
クハ183-1503(千マリ)
昭和57.9新製
1989年4月22日 木更津駅にて

クハ183-1505

写真はATC機器室がある2・4位側を示す。
クハ183-1505(宮オオ)拡大画像を見る  
昭和57.10新製
2008年7月27日 安食駅にて

クハ183-1531

クハ183-1525~1532

クハ183-1000番代にATC取付け改造を行ったもので、車番は原番号+500となっている。2位側にATC機器室を新設、外観上も1501~1506とほぼ同一となり、定員も54名となっている。
クハ183-1531(千マリ)
クハ183-1031 昭和53.8新製→クハ183-1531 昭和57.8改造
1989年4月22日 木更津駅にて

クハ183-1529

写真はATC機器室がある2・4位側を示す。
クハ183-1529(宮オオ) 拡大画像を見る  
クハ183-1029 昭和53.7新製→クハ183-1529 昭和57.6改造
2008年4月26日 安食駅にて

クハ183-1529

クハ183-1527・1528の2両は前面飾り帯の位置が低い異端車である。
クハ183-1527(長ナノ)拡大画像を見る
クハ183-1027 昭和53.6新製→クハ183-1527 昭和57.6改造
2014年8月9日 甲府駅にて

クハ183-1528

クハ183-1528も上述の通り前面飾り帯の位置が低い異端車で、写真のように特急シンボルマークなし、旧「あさま色」となっていたが、2012(平成24)年に国鉄特急色に戻されてシンボルマークも復活した。
クハ183-1528(長ナノ)拡大画像を見る
クハ183-1028 昭和53.6新製→クハ183-1528 昭和57.6改造
2008年6月21日 安食駅にて

サロ183-1008

サロ183-1001~1010

183系1000番代のグリーン車で、サロ183-1~と同様に車掌室、車販準備室が設置されている。1003、1006、1007、1009、1002がサロ110-1301~1305に、1005がサロ189-1505に、1008がクロ484-2に改造された。
サロ183-1008(長モト)
昭和51.1新製→クロ484-2 平成3.3改造
1990年2月24日 長野工場にて

サロ183-1101

サロ183-1101~1117

183系1000番代のグリーン車で、MG、CPを搭載している他はサロ183-1001~と同様となっている。
サロ183-1101(長モト)
昭和49.12新製
1989年8月20日 新宿駅にて

サロ183-1115

サロ183形1100番代(グレードアップ改造車)

「あずさ」用グレードアップ改造車で、本グループからは1987~90(昭和62~平成2)年にかけて1102・1103・1108・1109・1110・1113・1114・1115の8両が改造された。
サロ183-1115(千マリ)拡大画像を見る
昭和53.6新製→昭和62.12グレードアップ改造
2006年6月3日 佐倉駅にて

サロ183-1115

2・4位側を示す。
サロ183-1115(千マリ)拡大画像を見る
昭和53.6新製→昭和62.12グレードアップ改造
2008年6月21日 成田駅にて