ITRENINET 鉄道車両形式写真集

国鉄・JRの車両を中心に、形式写真を紹介するサイトです。

ホーム > 国鉄・JR形式写真 > 115系近郊形直流電車 > 1000・1500番代(伯備・山陰線)

115系近郊形直流電車|1000・1500番代(伯備・山陰線)


概説

 JR西日本では輸送効率化のため、2001(平成13)年7月ダイヤ改正で山陰本線伯耆大山-西出雲間、伯備線新見-伯耆大山間でワンマン運転を行うことになり、115系1000番代を2両編成とした改造車で対応することになった。
 従来のMcM'T'ck3両編成からT'cを外し、M'を先頭車化、Mc車に便所を新設した。同時に体質改善工事も施工されている。クモハ115形1500番代とクモハ114形1000番代の2両編成8本が2001(平成13)に改造された。
 モハ114形1000番代を改造したクモハ114形1000番代については、改造コスト削減のため、103系に似た切妻非貫通構造のスタイルとなり、異彩を放っている。
 クモハ115形1500番代の便所新設にあたっては、床下スペースに余裕がないため、水タンクは客室内に設置されている。
 岡山に配置されており、車体塗色は2010・11(平成22・23)年に全車黄色化された。

クモハ115-1517

クモハ115-1503・1505・1508・1515~1518・1551

こちらは国鉄時代にモハ115形1000番代を先頭車化したグループからの改造車のため、前面形状は国鉄近郊形タイプである。後位側に便所・車椅子スペースを設置したほか、ドア開閉ボタンの追加などもなされている。
クモハ115-1517(岡オカ)拡大画像を見る
モハ115-1110 昭和57.2新製→クモハ115-1517 昭和59.2改造
2009年11月22日 米子駅にて

クモハ115-1503

2・4位側を示す。
クモハ115-1503(岡オカ)拡大画像を見る
モハ115-1037 昭和53.10新製→クモハ115-1503 昭和58.12改造
2009年11月22日 米子駅にて

クモハ114-1098

クモハ114-1098・1102・1117・1118・1173・1178・1194・1196

モハ114形100番代の改造車で、種車の番号を踏襲している。1196のみパンタグラフは1基である。
クモハ114-1098(岡オカ)拡大画像を見る
昭和53.10新製→昭和59.8 パンタグラフ増設改造→クモハ114-1098 平成13.5改造
2009年11月22日 米子駅にて

クモハ114-1194

2・4位側を示す。
クモハ114-1194(岡オカ)拡大画像を見る
モハ114-1194 昭和57.2新製→昭和59.2パンタグラフ増設→クモハ114-1194 平成13.9改造
2009年11月22日 米子駅にて

クモハ114-1196

クモハ114-1196のみ、パンタグラフは1基搭載となっていたが、2017(平成29)年7月に前位側にもパンタグラフが増設されている。写真は1基搭載の頃のもの。
2010(平成22)年より車体塗色の黄色化が行われた。
クモハ114-1196(岡オカ)拡大画像を見る
モハ114-1196 昭和57.2新製→クモハ114-1196 平成13.9改造
2011年9月16日 庭瀬駅にて

サイト内検索

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る