ITRENINET 鉄道車両形式写真集

国鉄・JRの車両を中心に、形式写真を紹介するサイトです。

ホーム > 国鉄・JR形式写真 > 113系近郊形直流電車 > 113系1000番代

113系近郊形直流電車|1000番代


概説

 昭和40年代に横須賀線・総武本線の線増、錦糸町-品川間を地下化し、直通運転することが計画された。そのため、同区間を走る113系電車はA-A基準に準拠した車両として不燃化・難燃化を図ることになり、1969(昭和44)年より新製されたのが113系1000番代である。
 車体の外観上は0番代と同一であるが、各部に不燃、難燃材料が使用され、モハ113形については主回路抵抗器周辺の配線がA-A基準において禁止されていることから、密封ダクトを設置するなどの変更がなされている。
 1971(昭和47)年までにモハ112・113-1001~1054、クハ111-1001~1025・1301~1339、サハ111-1001~1019の191両が新製され、後の増備は冷房準備車・冷房車となり、1000'番代として区別される。なお、クハ111-1017~・1332~は前照灯がシールドビームに変更された。
 モハ113-1027は、ユニットを組んでいたモハ112-1027が1982(昭和57)年の事故により使用不能となったため、1983(昭和58)年に電装解除・先頭車化改造されてクハ111-1201となったが、2001(平成13)年に廃車となった。
 現在はすべて廃車となり、1000'番代も含め定期運用はない。

モハ113-1002

モハ113-1001~1054

113系1000番代のM車で主制御器・主抵抗器を搭載。
モハ113-1002(静シス)
昭和44.5新製→平成2.2廃車
1989年5月13日 西浜松電留線にて

モハ113-1001

AU712冷房改造車。
モハ113-1001(千マリ)
昭和44.5新製→平成18.4廃車
2005年7月9日 木更津駅にて

モハ112-1003

モハ112-1001~1054

113系1000番代のM'車で、パンタグラフ(PS16)とMG・CPを搭載。主電動機はMT54B、台車はDT21B。
モハ112-1003(千マリ)拡大画像を見る
昭和44.5新製→平成18.2廃車
1989年6月18日 千葉駅にて

モハ112-1001

AU712冷房改造車。
モハ112-1001(千マリ)
昭和44.5新製→平成18.4廃車
2005年7月9日 木更津駅にて

クハ111-1004

クハ111-1001~1016

113系1000番代のTc車。
クハ111-1004(千マリ)拡大画像を見る
昭和44.6新製→平成11.4廃車
1989年6月18日 木更津駅にて

クハ111-1017~1025

本グループからは前照灯をシールドビーム化。

クハ111-1305

クハ111-1301~1331

113系1000番代のTc1車。CPを搭載。
クハ111-1305(千マリ)拡大画像を見る
昭和44.6新製→平成17.12廃車
1989年6月18日 木更津駅にて

クハ111-1331

冷房改造車(AU75)。
前照灯シールドビーム化、アンチクライマー取付等により印象が変わっている。
クハ111-1331(千マリ)
昭和46.4新製→昭和58.2冷房改造
2006年4月29日 木更津駅にて

クハ111-1335

クハ111-1332~1339

クハ111-1017~と同様に前照灯をシールドビームに変更したグループ。
クハ111-1335(千マリ)
昭和47.3新製
1989年4月22日 木更津駅にて

サハ111-1015

サハ111-1001~1019

1000番代の付随車で、3位側に便所を設置。定員124(座席72)名。
サハ111-1015(横コツ)拡大画像を見る
昭和45.2新製→昭和50.4冷房改造→平成17.7廃車
2004年10月24日 平塚駅にて

サイト内検索

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る