ITRENINET 鉄道車両形式写真集

国鉄・JRの車両を中心に、形式写真を紹介するサイトです。

ホーム > 国鉄・JR形式写真 > 113系近郊形直流電車 > 113系0'番代

113系近郊形直流電車|113系0'番代


概説

 地上用0番代の後継グループで、1974~77(昭和49~52)年に新製された。
 1975(昭和50)年3月ダイヤ改正において、首都圏の東海道本線に113系新製車を投入し、 111系を山陽地区へ転用することになった。113系は既に地下乗入用1000番代および1000'番代、湖西線用700番代が登場していたが、本グループは地上用として増備された新製冷房車である。1000'番代を基本にATC機器を省略、車体は防火対策を施行してA-A基準化されている。
 車体は1000'番代と同様に側窓がユニット窓となり、AU75B冷房装置を搭載、制御車の前照灯はシールドビームとなった。また、電動車の主電動機はMT54D、主制御器はCS12G、パンタグラフはPS16である。車両番号は0番代の追番が付されている。付随車は1974(昭和49)年に新製されたサハ111-5のみ1両が存在したが、1995(平成7)年に廃車となった。

モハ113-282

モハ113-233~338

M車で、主制御器・主抵抗器を搭載。
モハ113-282(横コツ)
昭和51.6新製→平成17.12廃車
2003年12月6日 平塚駅にて

モハ112-296

モハ112-233~338

M'車で、パンタグラフとMG・CPを搭載。写真の車両は、側扉の左右に点検蓋を設ける改造がなされている。
モハ112-296(静シス)
昭和52.6新製→平成19.11廃車
2004年1月12日 沼津駅にて

クハ111-232

クハ111-194~262

CPを持たない制御車。
クハ111-232(横コツ)
昭和51.5新製
2003年12月6日 平塚駅にて

クハ111-508

クハ111-505~568

CPを搭載する制御車。写真の508はJR東海にてATS-P取付改造に際してブレーキ力改造を施工し、クハ111-608となっている。
クハ111-508(静シス)
昭和49.11新製→クハ111-608 平成5.9改造→平成18.2廃車
1989年2月20日 熱海駅にて

サハ111-5

113系0'番代の付随車として1両のみ1974(昭和49)年に新製された。1995(平成7)年に廃車となり、区分消滅した。

サイト内検索

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る