ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > DD21形ディーゼル機関車

DD21形ディーゼル機関車


概説

 除雪用ディーゼル機関車 DD15形の改良形として1963(昭和38)年に新製されたラッセル式除雪機関車である。ラッセル装置が着脱式のDD15形に対し、本形式は同装置が車体に組み込まれており、夏期もそのまま入換用に使用できる構造となっている。機関は同時期に新製されたDD51形、 DD20形に使用されている1000PSのDML61Sを1台搭載、台車は空気バネ・内側台枠式のDT130となっている。自動連結器は除雪時にはラッセル内部に格納される構造となった。
 東新潟に配置されて使用されたが、夏期の入換作業に不便な点があるため1両のみの新製に終わり、1986(昭和61)年に廃車となって形式消滅した。

DD21 1

DD21 1

DD21 1(東新)拡大画像を見る
昭和38.12新製→昭和61.3廃車 
1988年11月12日 新津車両管理所にて

DD21 1

DD21 1(東新)拡大画像を見る
昭和38.12新製→昭和61.3廃車 
1988年11月12日 新津車両管理所にて 

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る