ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > キハE120形一般形気動車

キハE120形一般形気動車


概説

 JR東日本新潟地区で使用されていたキハ58系およびキハ52形の老朽化に伴って、それらを置換えるために2008(平成20)年に新製された。
 車体は水郡線に投入されたキハE130系を基本とした軽量ステンレス構体による拡幅車体であるが、2扉としており、カラーリングは飯豊連峰のブナ林をイメージしたオレンジと、荒川渓谷のナナカマドをイメージした赤を配し、側面中央にオコジョのエンブレムを取付けている。また、同地区で運用されているキハ110系との併結を可能とするため、二段式の電気連結器を備えている。
 客室内は車端部がロングシート、中央部を2+1列配置の片持ち式のクロスシートとなっている。定員114(座席39)名。ワンマン運転に対応するため、乗務員室後部仕切には運賃表示器とLED式案内表示器を設置している。4位側に車椅子対応便所、3位側には車椅子スペースが設置されている。
 機関はキハE130系と同様に、コマツ製DMF15HZ(450PS/2,100rpm)となっている。台車はDT74/TR259で、冷房装置は屋根上にAU732を1基搭載している。
 8両が新津に配置され、キハ110系と共通運用が組まれており、羽越本線(新津-酒田)、米坂線、信越本線・磐越西線(新潟・新津-会津若松)で使用されている。 

キハE120-1

キハE120-1~8

3・1位側を示す。
キハE120-1(新ニツ)拡大画像を見る
平成20.5新製
2011年8月16日 新津駅にて

キハE120-8

4・2位側。
キハE120-8(新ニツ)拡大画像を見る
平成20.5新製
2015年11月14日 新津駅にて

キハE120-8

2・4位側。
キハE120-8(新ニツ)拡大画像を見る
平成20.5新製
2012年12月16日 新津駅にて

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る