ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > キハ261系特急形気動車

キハ261系特急形気動車


100番代

 北海道の鉄道における都市間輸送の高速化は、札幌-旭川・函館・釧路の3都市間に続き、札幌-名寄間の宗谷本線においても実施することになった。この高速化事業は第三セクターの北海道高速鉄道開発(株)が事業主体となって駅施設や軌道の改良および特急用新形式車両の導入を行う。そこで1998(平成10)年より新製されたのがキハ261系である。
 厳しい気象条件で輸送量の少ない宗谷本線で使用することから、冬期にも安定した走行性能を持ち、魅力あるサービスを提供する車両というコンセプトをもとに開発が進められ、キハ283系の振子式ではなく、キハ201系の車体傾斜制御装置を有する。軽量ステンレス車体で(前頭部は鋼製)、最高速度は130km/h。また、JR北海道と姉妹提携を行っているデンマーク国鉄(DSB)とのデザイン共同作業のもとに、内装についてはDSBのプランが数多く採用されている。
 キハ261系100・200番代は、稚内方からキロハ261形100番代-キハ260形200番代-キハ260形100番代-キハ261形100番代の4両編成を基本としており、中間の2両の中央寄りには簡易運転台を設置して多客期の増結作業を容易にした。
 量産先行車4両に続いて、1999(平成11)年に内装を中心に一部仕様変更した量産車8両が新製され、量産先行車についても量産化改造を行った。
 キハ261-104・キハ260-104の2両を除く12両は北海道高速鉄道開発の所属であるが、全車JR北海道の苗穂に配置されて2000(平成12)年3月11日ダイヤ改正より札幌-稚内間の特急「スーパー宗谷」として運転されている。

キロハ261-201

キロハ261-201~203

高運転台・貫通形の先頭車、普通・グリーン合造車(Msc)。グリーン室は2&1配列の9席、普通席は7列28席となっている。機関はN-DMF13HZH(460PS/2100rpm)を2基搭載。台車はN-DT261。冷房装置はN-AU201Aを屋根上に1基搭載する。(以下の各形式も同様)
キロハ261-201(札ナホ)拡大画像を見る
平成10.12新製
2006年7月17日 岩見沢駅にて

キハ261-102

キハ261-101~104

高運転台・貫通形の先頭車(Mc)。機関はN-DMF13HZH(460PS)を2基搭載。台車はN-DT261。
キハ261-102(札ナホ)拡大画像を見る
平成11.12新製
2006年7月17日 岩見沢駅にて

キハ260-102

キハ260-101~104

中間車(M1)。車椅子スペースや、身障者対応座席、電話室、車掌室が設置されている。定員51名。前位寄りには簡易運転台を持つ。(写真は後位側を示す)
機関はN-DMF13HZH(460PS)を1基搭載。台車はN-DT261・N-DT261T。
キハ260-102(札ナホ)拡大画像を見る
平成11.12新製
2006年7月17日 岩見沢駅にて

キハ260-201

キハ260-201~203

中間車(M2)。便・洗面所付で、定員60名。前位寄りには簡易運転台を持つ。(写真は後位側を示す)
機関はN-DMF13HZH(460PS)を2基搭載。台車はN-DT261。
キハ260-201(札ナホ)拡大画像を見る
平成10.12新製
2006年7月17日 岩見沢駅にて

1000番代

準備中につき、しばらくお待ち下さい。

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る