ITRENINET 鉄道車両形式写真集
ホーム > 国鉄・JR形式写真 > キハ66系近郊形気動車

キハ66系近郊形気動車


概説

 国鉄では電化の推進により昭和47年度以降は一般形気動車の新製は行っていなかった。その一方でキハ17形などの老朽化が問題となっており、1975(昭和50)年3月ダイヤ改正における山陽新幹線博多開業を契機として、北九州地区の快速列車用に新形式キハ66系を投入することになった。
 キハ66系は、通勤・通学輸送から急行運用まで幅広い用途に使用可能な一般形(近郊形)気動車である。キハ66・67形の2両を1ユニットとして運用される。両形式とも片運転台で、便所はキハ66にのみ設置されており、洗面所は設けられていない。車体寸法はキハ65に準じていて全長20,806mm、車体幅2,903mmとなっており、客用扉はキハ45形と同様に1,300mmの両開きとなった。側窓は戸袋部を除いて2段式のユニット窓となり、扉間は2個1組×4となっている。また、側面には行先表示器も取付けられている。座席は扉付近をロングシートとしたほかは転換式クロスシートとなった。外部色は急行形と同様にクリーム色4号と赤11号の塗分けである。冷房装置は後位寄屋根上に放熱器を取付けた関係で集中式のAU75となり、暖房は気動車初の電気暖房となっている。機関はキハ65形のDML30HSEを改良したDML30HSHで、台車はDT43(TR226)である。
 1975(昭和50)年に各形式15両ずつ計30両が新製され、直方に配置されて北九州(筑豊)地区で活躍を開始した。
 1986・87(昭和61・62)年に外部色が九州色に改められている。
 1993(平成5)年より機関のDMF13HZAへの換装工事が開始され、屋根上の放熱器が撤去され、後に通風器の撤去も行われた。
 外部色については、JR九州のミレニアムイベントの一環として1編成が登場時の塗装に復元されたほか、筑豊本線・篠栗線の電化によって直方から長崎への転属が進み、「シーサイドライナー」色への変更が行われている。

キハ66 1

キハ66 1~15

キハ67形とユニットを組む。4位側に便所を設置し、定員62(座席36)名。
キハ66 1(本カタ)拡大画像を見る
昭和50.2新製
1989年1月16日 博多駅にて

キハ66 7

九州色と呼ばれた白地に青帯のカラーリングであるが、上のキハ66 1の写真のように、前面と側面の帯の高さが違うものもあれば、このキハ66 7のように高さが揃えられているものもあった。
キハ66 7(本カタ)拡大画像を見る
昭和50.2新製
1989年1月1日 博多駅にて

キハ66 1

機関更新が行われ、屋根上の放熱器が撤去された。また、後に通風器も撤去されている。キハ66 1・10は国鉄色に復元された。さらにキハ66 10は2011(平成23)年に台車交換の上キハ66 110となった。
キハ66 1(崎サキ)拡大画像を見る
昭和50.2新製
2010年5月24日 早岐駅にて

キハ66 11

キハ66 12は2010(平成22)年にハウステンボス色となり、2012年4月1日現在ではキハ66 2~9・11・13~15が写真のシーサイドライナー色となっている。
キハ66 11(崎サキ)拡大画像を見る
昭和50.2新製
2010年5月25日 長崎駅にて

キハ66 110

2011(平成23)年にキハ66 10の台車交換を施工し、改番して原番号+100となった。塗色は国鉄色である。

キハ67 1

キハ67 1~15

キハ66形とユニットを組み、こちらは4VK機関+DM83A発電機を搭載して冷暖房用の電源供給を行っている。便所なしで定員64(座席36)名。
キハ67 1(本カタ)拡大画像を見る
昭和50.2新製
1989年1月1日 博多駅にて

キハ67 7

上写真のキハ67 1とは帯の高さが異なっている。
キハ67 7(本カタ)拡大画像を見る
昭和50.2新製
1989年1月1日 博多駅にて

キハ67 1

キハ67 1・10は国鉄色に復元された。
キハ67 1(崎サキ)拡大画像を見る
昭和50.2新製
2010年5月24日 早岐駅にて

キハ67 15

キハ67 2~9・11・13~15がシーサイドライナー色となっている。
キハ67 15(崎サキ)拡大画像を見る
昭和50.3新製
2010年5月25日 長崎駅にて

キハ66 4客室内

キハ66 4客室内拡大画像を見る
2010年5月24日

サブメニュー

SNS

管理人によるSNSページです。

ページのトップへ戻る